アレクサンドリーヤ (ヨット・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「アレクサンドリーヤ」
Александрі́я
艦歴
起工 1893年8月16日 バルト工場
進水 1894年8月29日
竣工 1896年
所属 Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍バルト艦隊
解体 1927年4月24日
除籍 -
要目
艦種 通報船
艦級 「アレクサンドリーヤ」級
排水量 544 t
全長 68.8 m
全幅 14.9 m
喫水 1.9 m
機関 3倍膨張水平蒸気機関1 基
41推進
1075 馬力
速力 14.5 kn
乗員 士官 8 名
水兵 100 名
武装 63 mm単装 4 門

「アレクサンドリーヤ」ロシア語: «Александрі́я» アリクサンドリーヤ)は、ロシア帝国で建造された通報船посыльное судно)である。主に帝室ヨットимператорская яхта)として用いられた。艦名は、1851年に建造された先代艦から受け継がれた。

概要[編集]

「アレクサンドリーヤ」は、1893年8月16日サンクトペテルブルクバルト工場で起工された。1894年8月29日進水1896年に竣工した。1904年には、3本マスト・2本煙突外輪船に改修された。

1903年から1918年の間は近衛隊に属し、ロシア皇帝一家や国家首脳部がペテルブルクとペテルゴーフ間を移動するのに用いられた。また、同時にバルト艦隊の通報艦としての任務も担っていた。

第一次世界大戦にも参加したが、実戦に遭遇することはなかった。1917年に発生したロシア革命後は、ロシア臨時政府労農赤色海軍によって運用された。1918年5月には、バルト艦隊の機雷分艦隊に転属し予備艦となった。1921年4月からは、ラドガ湖防衛隊長官の管理下に置かれた。その後、バルト海海軍長官の管理下に置かれた。

1922年5月27日には、港へ引き揚げられた。1924年9月23日クロンシュタット洪水が発生した際には、軍港の岸壁に打ち付けられ損傷を負った。最終的に艦は解体されることとなり、1927年4月24日には作業が開始され、5月には完了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]