アル・マームド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アル・マームド
আল মাহমুদ
Al Mahmud.jpg
2007年
誕生 1936年7月11日
2019年2月15日
職業 詩人小説家
言語 ベンガル語
国籍 バングラデシュの旗 バングラデシュ
代表作 Sonali Kabin(黄金の契約)
主な受賞歴 バングラ・アカデミー賞 (Bangla Academy Award
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アル・マームドベンガル語: আল মাহমুদ1936年7月11日 - 2019年2月15日[1])は、バングラデシュ詩人クミッラ (Comillaに生まれる。

1950年代から知られるようになり、1963年に初の詩集『Lok Lokantor(ひとつの世界からもうひとつの世界へ)』を発表する。1973年の詩集『Sonali Kabin(黄金の契約)』に収録された表題作は、バングラデシュ詩の傑作として高く評価された。1968年にバングラ・アカデミー賞 (Bangla Academy Awardを受賞している。

日本語訳著作[編集]

  • 『バングラデシュ詩選集』 丹羽京子編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸シリーズ〉、2007年。 - 以下の作品を収録。
    • 「森で疲れた日に」
    • 「雨が足りない」
    • 「こんな満足」
    • 「帰路の道連れ」
    • 「わからないことは同じだ」
    • 「舟で」
    • 「水を見て怖くなる」
    • 「わたしの行こうとするところすべて」
    • 「緑の葉の」
    • 「帰還の恥」
    • 「その射抜くような視線」
    • 「黄金の契約」
    • 「目」
    • 「わたしの不在」
    • 「ブッドデブ・ボシュとの会見」
    • 「フォルククの墓で黒いジャッカルが」
    • 「月の方へ」
    • 「なにも覚えていない」
    • 「スラボン月」
    • 「真実」
    • 「永遠の時」
    • 「愛しい人よ、君のほかに」
    • 「書くとき」
    • 「羽を持つ人間」
    • 「わたしはただ」

脚注[編集]

  1. ^ “Poet Al Mahmud passes away” (英語). Prothom Alo. (2019年2月16日). https://en.prothomalo.com/bangladesh/news/191222/ 2019年2月17日閲覧。 

出典・参考文献[編集]

  • 丹羽京子『バングラデシュ詩選集』解説

関連項目[編集]