アルマ・マータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルマ・マータ: Alma mater、あえて英語に直すと "nourishing mother"、発音はイギリス式には「アルマ・メイタ」)とは、欧米で出身校 (高等教育機関) を指す語。古代ローマ時代には地母神、特にケレースまたはキュベレー[1]中世キリスト教においてはイエスの母マリアを指す言葉であった。

現代では、今の自分を形成するのに大きな影響のあった出身校(高校、大学など)を指すのに使われ[1]、学士号や博士号を取得した大学を指す事が多い[2]。またそういった母校の学歌を指すこともある[2]

ほとんどの場合単数形で使われる (複数形は almae matres)。

コロンビア大学のロウ記念図書館 (en) の前にはダニエル・チェスター・フレンチ (en) の代表作の一つであるアルマ・マータ像がある。また米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にも像 (en) がある。伊ボローニャ大学は大学のモットーAlma Mater Studiorum ("Nourishing Mother of Studies"、知をはぐくむ女神) と2000年に制定している[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]