アルマ・マータ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニューヨークにあるコロンビア大学の図書館前のアルマ・マータ像

アルマ・マータラテン語: alma mater)は、欧米母校出身校を指す語。ほとんどの場合は単数形で使われる(複数形almae matres)。「アルマ・マータ」はアメリカ英語読みで、イギリス英語読みでは「アルマ・メイタ」、ラテン語読みでは「アルマ・マーテル」。英語に直訳すると"nourishing mother"(養い育てた母)である。

概要

伝統的にはなる女神の姿として表され、古代ローマ時代には地母神、特にケレースまたはキュベレーを指す語[1]であった。中世キリスト教においてはイエスの母マリアを指し、著名な聖歌のひとつに「アルマ・レデンプトリス・マーテル」(Alma redemptoris mater、救い主を育てた母)がある。

現代では「養い育てた母」になぞらえ、自己形成に大きな影響を与えた出身校、特に高等教育機関高等学校大学など)を指し[1]学士号を取得、すなわち卒業した大学を指して使われる[2]。またそうした母校の校歌・学歌を指しても使われる[2]

アメリカ合衆国には、コロンビア大学ロウ記念図書館英語版の前に、ダニエル・チェスター・フレンチの代表作の一つであるアルマ・マータ像がある。またイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にも像がある(それぞれ写真を参照)。

イタリアボローニャ大学は、2000年に大学のモットーを「Alma Mater Studiorum(知をはぐくむ女神)」と制定した[3]

脚注

関連項目

外部リンク