アルブレヒト・フリードリヒ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルブレヒト・フリードリヒ

アルブレヒト・フリードリヒ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェートAlbrecht Friedrich Prinz von Preußen, Markgraf zu Brandenburg-Schwedt, 1672年1月24日 - 1731年6月21日)は、ブランデンブルク=プロイセンの王族(王子)、将軍。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯。聖ヨハネ騎士団ブランデンブルク大管区長。

ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)とその後妻ドロテアの間の2番目の息子として生まれた。アルブレヒト・フリードリヒとその同母の兄弟姉妹は、同母兄でマクデブルク総督のフィリップ・ヴィルヘルムを始祖とするブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家に属し、異母兄の初代プロイセン王フリードリヒ1世とは家系を異にすると見なされる。

1689年プファルツ継承戦争が起きると、アルブレヒト・フリードリヒは見習い士官としてプロイセン軍に従軍し、フランスに赴いている。1692年には騎兵連隊の連隊長となり、翌1693年には少将に任じられた。1694年にはイタリアでの戦役に参加し、1695年に中将となる。1696年にはブランデンブルク・ヨハネ騎士団の団長に就任し、1701年には黒鷲勲章英語版を授けられた。スペイン継承戦争中の1702年2月14日には歩兵連隊の司令官に就任し、ネーデルラントでのフランスとの戦いを勝利に導いた。しかし同年11月には病気のため司令官職を退いている。1706年にはヒンターポンメルンの総督に任命された。

子女[編集]

1703年10月31日、従兄のクールラント・ゼムガレンフリードリヒ・カジミールの娘マリー・ドロテア(1684年 - 1743年)と結婚し、4男3女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Kurt von Priesdorff (Hrsg): Soldatisches Führertum. Hanseatische Verl.-Anst., Hamburg, 1937, Band 1, S. 53 f.
先代:
カール・フィリップ英語版
聖ヨハネ騎士団
ブランデンブルク大管区長

1696年 - 1731年
次代:
カール・アルブレヒト