アルフォンソ・カルロス・デ・ボルボン (サン・ハイメ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Alfonso Carlos
アルフォンソ・カルロス
Alfonso Carlos of Bourbon, Duke of San Jaime.JPG
サン・ハイメ公アルフォンソ・カルロス
生誕 1849年9月12日
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドロンドン
死没 1936年9月29日(満87歳没)
オーストリアの旗 オーストリアウィーン
墓地 オーストリアの旗 オーストリア、アットナング=プッフハイム、プッフハイム城
別名
宗教 キリスト教
宗派 カトリック教会
配偶者 マリア・デ・ラス・ニエベス・デ・ブラガンザ
父:フアン・カルロス
母:マリア・ベアトリス

アルフォンソ・カルロス・デ・ボルボン・イ・アウストリア=エステスペイン語: Alfonso Carlos de Borbón y Austria-Este, 1849年9月12日 - 1936年9月29日)は、ボルボン家の人物。サン・ハイメ公スペイン語版を称した。カルリスタのスペイン王アルフォンソ・カルロス1世スペイン語: Alfonso Carlos I)とされ、また正統王党派(レジティミスト)によってフランスシャルル12世フランス語: Charles XII)とされた。

生涯[編集]

モンティソン伯フアンとその妻のモデナ公女マリア・ベアトリスの次男としてロンドンに生まれた。母のマリア・ベアトリスは自由主義者であった父フアンと別居し、アルフォンソ・カルロスは兄のカルロスとともに母に引き取られてモデナで育った。

リソルジメントによってモデナ公国が消滅すると、ウィーンに移った。1868年教皇領をリソルジメントから防衛するために教皇のズアーブ兵に加入。1870年ローマ攻防戦英語版ではピア門を守備していたが、敗北してフランス軍艦でトゥーロンへ逃亡した。

1871年4月26日バイエルンクラインホイバッハにおいて、ポルトガル王だったミゲル1世の長女マリア・ダス・ネヴェス(マリア・デ・ラス・ニエベス)と結婚した。

第三次カルリスタ戦争英語版中、アルフォンソはカタルーニャのカルリスタ軍を指揮した。アルペンスの戦いカタロニア語版クエンカの包囲スペイン語版で軍功を挙げたものの、この戦争はカルリスタ側の敗北に終わった。

1931年に甥ハイメが死去すると、両王位の請求権とアンジュー公位を受け継いだ。

1936年9月28日、ウィーンの通りを歩行中に軍用トラックにはねられて翌日に死去した。遺体はプッフハイム城ドイツ語版に葬られた。

マリア・デ・ラス・ニエベスとの間に子供が生まれなかったことから、アルフォンソ・カルロスの代でボルボン家のカルリスタ王位請求者の男系は途絶えた。その後カルリスタは、アルフォンソ・カルロス自身が後継に指名していたパルマ公子サヴェリオ(マリア・デ・ラス・ニエベスの甥)の他、フランス王位請求権を継承したアルフォンソ13世の諸子、トスカーナ大公子カルロス・ピオ(姪ブランカの末子)を推す諸派に内部分裂した。

アルフォンソ・カルロスとマリア・デ・ラス・ニエベス
先代:
ハイメ3世
スペイン王位請求者
(カルリスタ)
1931年 - 1936年
次代:
ハビエル1世
先代:
ジャック1世
フランス王位請求者
(正統派)
1931年 - 1936年
次代:
アルフォンス1世