アルトン=アン=レ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Arthon-en-Retz
Blason ville fr Arthon-en-Retz (Loire-Atlantique).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason fr Loire Atlantique.svg
(arrondissement) サン=ナゼール郡
小郡 (canton) ポルニク小郡
INSEEコード 44005
郵便番号 44320
市長任期 ジョゼフ・レグル[Note 1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de Pornic
人口動態
人口 3986人
2012年
人口密度 102人/km2
住民の呼称 Arthonnais
地理
座標 北緯47度07分02秒 西経1度56分15秒 / 北緯47.1172222222度 西経1.9375度 / 47.1172222222; -1.9375座標: 北緯47度07分02秒 西経1度56分15秒 / 北緯47.1172222222度 西経1.9375度 / 47.1172222222; -1.9375
標高 平均:m
最低:1m
最高:61m
面積 39.24km2
Arthon-en-Retzの位置(フランス内)
Arthon-en-Retz
Arthon-en-Retz
公式サイト http://www.arthonenretz.fr/
テンプレートを表示

アルトン=アン=レArthon-en-Retz)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県にかつて存在したコミューン

歴史的にブルターニュの一部とみなされ、伝統的な地方区分ではペイ・ド・レ、歴史的な地方区分ではペイ・ナンテに属する。

2016年1月1日、シェメレと合併し、コミューン・ヌーヴェル(fr)のショーム=アン=レとなった。

地理[編集]

県におけるアルトン=アン=レの位置

アルトン=アン=レは、ポルニックの東10km、ナントの西39km、サン=ナゼールの南41kmのところにある。

1999年にINSEEが作成した順位表によれば、アルトン=アン=レは都市化されていない農村型コミューンである。

由来[編集]

この定住地の名は、1100年にルドンのサン・ソヴール修道院の特許状台帳に書かれた、Artum というつづりで証明されている[1][2]。その後12世紀には Arcon、13世紀には Arton と記されている[2]。これはおそらく、ゲルマン語を起源とする人名研究学によれば、Arto(n) である[1]。別の学説では、ガリア語の語源を含む Arthon の起源を提唱している。art-don は、『熊の砦』を意味し[3]、またはケルト語の artomagus は『石だらけの道』を意味するという[4]

地元で話されるオイル語の一種ガロ語では、Arton である[5]

歴史[編集]

我々は中石器時代と新石器時代に、アルトン=アン=レに人が定住していたことを確認できる。コミューンで切り出された石器や磨かれた斧が発見されている。古代には、比較的大きなヴィラが、現在の教会のある場所の近くに建設されていた[6]

851年のアンジェ条約(西フランク王シャルル2世とブルターニュ王エリスポエの間で締結。ブルトン人の東進を食い止めるため辺境地帯を設けた)によって、ペイ・ド・レはマルシュ・ド・ブルターニュの一部となった。アルトンはその後ブルターニュに統合された。アルトンは当時ペイ・ナンテの主要な地の1つだった。

かつて単にアルトンと呼ばれたが、1887年7月9日にアルトン=アン=レに正式に改名された[7]。1926年まで、アルトン=アン=レはパンブフ郡に含まれ小郡庁が置かれていたが、再編によって小郡はなくなっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1889 1948 1933 2151 2321 2668 3240 3986

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[8]、2004年以降INSEE[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ a b fr:Ernest Nègre, Toponymie générale de la France, vol. 2, Librairie Droz,‎ , 771 p., « Formations non romanes », p. 827 (paragraphe 14339).
  2. ^ a b « Quelques mots d'histoire », mairie d'Arthon-en-Retz (consulté le 28 janvier 2015).
  3. ^ Roland Le Moigne, « La Toponymie du pays de Retz (résumé) », Musée du Pays de Retz,‎ (consulté le 28 janvier 2015).
  4. ^ Jean-Luc Flohic (dir.) et Michel Tessier, Le Patrimoine des communes de la Loire-Atlantique, t. 2, Charenton-le-pont, Flohic éditions, 1999, 1383 p. (ISBN 2-84234-040-X), p. Canton de Pornic.
  5. ^ « Villes bretonnes, noms gallo », Geobreizh (consulté le 18 mars 2013).
  6. ^ « Quelques mots d'histoire... », sur arthonenretz.fr, mairie d'Arthon-en-Retz (consulté le 2 avril 2015).
  7. ^ « Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui », sur cassini.ehess.fr, fr:École des hautes études en sciences sociales (consulté le 10 décembre 2012).
  8. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=1447
  9. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  10. ^ http://www.insee.fr

ノート[編集]

  1. ^ Réélu en 2008 et 2014.