アラハバキ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラハバキ
ジャンル 漫画
漫画:アラハバキ
作者 六道神士
出版社 集英社
掲載誌 ウルトラジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ
発表号 平成12年3月号 - 平成14年12月特大号
発表期間 2000年 - 2002年
巻数 上下2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

アラハバキ』は、六道神士による青年向け伝奇アクション漫画。『ウルトラジャンプ』平成12年3月号、5月号、7月号、9月号、11月号、平成13年1月号、3月号、5月号、7月号、9月号、平成14年11月特大号、12月特大号(集英社)において、2000年から2002年まで連載された。単行本では大幅に加筆されており、上下全2巻。

あらすじ[編集]

咒力と言う常人を遥に凌ぐ力を持ち「鬼」と呼ばれ時の権力者を影で支える暗殺集団「呉羽」一族。一族の裏切り者の娘、天薙静寡は「鬼」を滅ぼすために帰ってきた。

主な登場人物[編集]

天薙静寡(あまなぎしずか)
呉羽一族からは裏切り者の娘と呼ばれている。母親から受け継いだ「鬼」を滅ぼすという使命を実行に移すために帰国した。
紫苑(しおん)
天薙花梨が作り上げた咒具。人造「荒吐神」。主の天薙花梨が死亡したため今は天薙静寡が主になっている。
鳳端凛(ほうはしりん)
呉羽一族当主。当主ではあるが実権は鳳端静牙が握っている。
神子守紀美子(みこがみきみこ)
呉羽一族の暗殺要員。神子守姓は暗殺要員に与えられる姓。
泉谷(いずみや)
花梨・静寡親子に仕える執事。呉羽一族ではあるが一族の血は薄い。
鳳端静牙(ほうはしせいが)
先代呉羽一族当主。鳳端凛の父親。鳳端は当主を継ぐ者に与えられる姓。旧姓聖野(ひじりの)
天薙花梨(あまなぎかりん)
天薙静寡の母親。呉羽一族の裏切り者。10年前に鳳端静牙による暗殺命令により命を落とす。

単行本[編集]

下巻には本編のほか外伝も同時収録されている。

関連項目[編集]