アラダー・ペゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アラダー・ペゲAladár Pege1939年10月8日 - 2006年9月23日)は、ハンガリー出身のジャズベース奏者。ピッチ・カート奏法の巧みさやクラシック音楽の演奏で知られ、「ベースのパガニーニ」とも称されていた。

来歴[編集]

ブダペスト生まれ。音楽一家であったこともあり、15歳の頃には本格的な演奏活動を行っていた。 1970年モントルー・ジャズ・フェスティバルで最優秀演奏者に選出された。アメリカピアニストのウォルター・ノリスとコンビを結成したり、ニューヨークカーネギー・ホールハービー・ハンコックと共演をした事もあった。これらは、当時国外渡航を厳しく制限していたハンガリーを含む東ヨーロッパ共産圏の人物としては異例な出来事であった。

晩年の十年間は、出身校でもあるリスト音楽院(ブダペスト)で教鞭を執っており、ここでも「パガニーニ」の愛称で親しまれていた。

2006年同市内の病院で死去。死因は明かされていない。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1990年 PEGE – Imre Koszegi(ドラム)らを迎えたクインテット。

主なセッション参加アルバム[編集]

  • 1980年:ライブ・アット・モントルー/ミンガス・ダイナスティ
  • 1992年:ドリフティング/ウォルター・ノリス

外部リンク[編集]