アメリカ合衆国における人体実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このアメリカ合衆国における人体実験の項目では、アメリカ合衆国における非倫理的または同意のないまたは違法な人体実験について記述する。

実例[編集]

マーシャル諸島の住民に対し、核実験による放射性降下物の影響を調査した1954年のen:Project 4.1最終報告書の表紙
  • 1945-47年、原爆開発のマンハッタン計画の一環として、プルトニウムの毒性や体への吸収率を調べるための人体実験が行われていた。コード番号「CAL1」が付されたアルバート・スティーブンス(当時58歳)は、サンフランシスコの病院で「胃がんで余命半年」と診断され、1945年5月、本人に無断で大量のプルトニウムを注入された。4日後、胃の3分の2と肝臓を切除する大手術を受け、患部は研究材料として持ち去られた。本人は1966年1月まで生き79歳で死亡、1975年、その遺灰は残存放射能を調べるためシカゴアルゴンヌ国立研究所に送られた。ニューメキシコ州の地方紙アルバカーキー・トリビューンのアイリーン・ウエルサム記者が1987年に知り、6年がかりで被験者18人のうち5人を突き止め、1993年11月に報じた[1]
  • ロサンゼルス・タイムズは、1950年代から72年ごろまで、核戦争勃発を想定した被曝兵士の継戦能力を調べる目的で、シンシナティ大学の研究者が治療費を払えないがん患者80人余に大量の放射線を浴びせる実験を行ったと1994年に報じた。当時、25レム(=250ミリシーベルト)以上の照射は骨髄に危険と考えられたが、一部の患者にはこの10倍も照射され、アメリカ国防総省への実験報告に「実験で8人の死期が早まった可能性がある」「200レム(=2000ミリシーベルト)までの被曝線量であれば継戦能力はかなり維持できる」と記されたという[1]。同紙の2007年の報道によると、Eugene Saenger博士は、1960-71年、アメリカ国防総省の予算を得て、シンシナティ大学医療センターで、90人以上の貧しい黒色アメリカ人に対し全身放射線実験を行った。彼は同意書を偽造し、本人たちに知らせないまま100ラド(1000ミリシーベルトに相当)の放射線を照射した。その結果、激痛、吐き気、鼻や耳からの出血をもたらし、8~20人がこれにより死亡した[2]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「放射能人体実験 次々崩れた機密の壁 地方紙記者が追跡6年」『朝日新聞』1994年2月1日
  2. ^ Thomas H. Maugh II, "Eugene Saenger, 90; physician conducted pivotal studies on effects of radiation exposure",『ロサンゼルス・タイムズ』2007年10月6日--2011年5月1日閲覧

外部リンク[編集]