アマーリエ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザクセン王妃アマーリエ

アマーリエ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト=ビシュヴァイラー(ドイツ語Amalie von Pfalz-Zweibrücken-Birkenfeld-Bischweiler, 1752年5月10日 - 1828年11月15日)は、ザクセンフリードリヒ・アウグスト1世の妃。

ヴィッテルスバッハ家プファルツ系傍系プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエルと、同じくプファルツ系傍系プファルツ=ズルツバッハ家出身の妻マリア・フランツィスカの長女として、マンハイムで生まれた。弟に初代バイエルン王となったマクシミリアン1世ヨーゼフがいる。

1769年、当時選帝侯であったフリードリヒ・アウグストと結婚した。なお、1774年にアマーリエの兄であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公カール3世アウグスト・クリスティアンがフリードリヒ・アウグストの妹マリア・アマーリアと結婚している。

アマーリエは4子を生んだが、うち3人は死産し、一人娘のマリア・アウグスタのみが成人した。

1828年、アマーリエは76歳で死去し、ドレスデンホーフキルヒェKatholische Hofkirche)に埋葬された。