アマドコロ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アマドコロ属
Polygonatum multiflorum2 ies.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : スズラン亜科 Nolinoideae
: アマドコロ連 Polygonatae[1]
: アマドコロ属 Polygonatum
学名
Polygonatum Mill.
シノニム
和名
アマドコロ属[3]、ナルコユリ属[4]
英名
Solomon's seal[5]
King Solomon's-seal
[5]
  • sect. Verticillata
  • sect. Sibirica
  • sect. Polygonatum

アマドコロ属(アマドコロぞく、学名 Polygonatum)は、キジカクシ科Asparagaceae)の1属。別名ナルコユリ属[4]

名称[編集]

学名 Polygonatum は「多くの」という意味で、長く連なる地下茎のことである[6]

英語では Solomon's sealソロモン印章)と総称する。語源には諸説あるが一説に、地下茎の断面が印章に似るからという[7]

分布[編集]

北半球の亜熱帯・温帯から極地にかけて分布する[1][5]

特徴[編集]

葉序は、近縁種が互生なのに対し、アマドコロ属は互生、輪生対生が混在している。節で言えば、sect. Verticillata は各種混在しており、sect. Sibirica は輪生、sect. Polygonatum は互生である。近縁種を含めた祖先形は互生であろうが、アマドコロ属の祖先形が何かははっきりしない[5]

分類[編集]

アマドコロ属はこの科で最大の属で、約57種[1][5]~約63種[8] が属す。63種中、20種が中国固有種である[8]

Tamura (1993) によると、アマドコロ属は、sect. Verticillatasect. Polygonatum の2節に分かれる[1]。しかし系統的には、sect. ata は基底的な側系統である。一方、進化的な sect. Polygonatum は、2つの単系統からなる多系統で、ほとんどの種を含む大きな系統と、少なくとも1種 Polygonatum fanchetii からなる小さな系統からなる[5]

Meng (2014) は、この sect. ata から sect. Sibirica を分離し(また Polygonatum fanchetii を適切な節に移し)、3つの単系統節に整理した[5]

一方、Tang (1978) はアマドコロ属を7列 (series) に分類した。のちの Tamura の分類と対比させると、sect. Verticillata が5列、sect. Polygonatum が2列に対応する。しかしこの分類も、少なくとも2つの大きな列 ser. Verticillataser. Alternfolia が非単系統である[5]

アマドコロ属に近縁な属は DisporopsisHeteropolygonatum である[5]

主な種[編集]

大きく Meng (2014) による3節に分け、それらをさらに、Tang (1978) の列におおよそ対応する単系統に細分した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Tamura, M.N.; Schwerzbach, A.E.; Kruse, S.; Reski, R. (1997), “Biosystematic studies on the genus Polygonatum (Convallariaceae) IV. Molecular phylogenetic analysis based on restriction site mapping of the chloroplast gene trnK”, Feddes Repertorium 108 (34): 159–168, http://www.researchgate.net/profile/Ralf_Reski/publication/227695183_Biosystematic_studies_on_the_genus_Polygonatum_%28Convallariaceae%29_IV._Molecular_phylogenetic_analysis_based_on_restriction_site_mapping_of_the_chloroplast_gene_trnK/links/0fcfd50bf0ac6e772d000000.pdf 
  2. ^ a b c d e f g h i Search for "Polygonatum", World Checklist of Selected Plant Families, Royal Botanic Gardens, Kew, http://apps.kew.org/wcsp/ 2014年6月26日閲覧。 
  3. ^ 邑田仁監修・米倉浩司著『維管束植物分類表』北隆館、2013年4月25日、57頁、ISBN 978-4-8326-0975-4
  4. ^ a b 大場秀章編著『植物分類表』アボック社、2009年11月2日(2010年4月20日初版第2刷(訂正入))、57頁、ISBN 978-4-900358-61-4
  5. ^ a b c d e f g h i Meng; Nie, Ze-Long; Deng, Tao; Wen, Jun; Yang, Yong-Ping (2014), “Phylogenetics and evolution of phyllotaxy in the Solomon's seal genus Polygonatum (Asparagaceae: Polygonateae)”, Botanical Journal of the Linnean Society 176 (4): 435–451, doi:10.1111/boj.12218, http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12218/full 
  6. ^ Coombes, A. J. (2012). The A to Z of Plant Names. USA: Timber Press. pp. 312. 
  7. ^ Solomon's Seal. Botanical.com
  8. ^ a b Wujisguleng, W.; et al. (2012), “Ethnobotanical review of food uses of Polygonatum (Convallariaceae) in China”, Acta Societatis Botanicorum Poloniae 81 (4): 239–244, http://pbsociety.org.pl/journals/index.php/asbp/article/viewFile/asbp.2012.045/991