アマドコロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマドコロ
Polygonatum odoratum
Polygonatum odoratum
(2005年5月11日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
: アマドコロ連 Polygonatae
: アマドコロ属 Polygonatum
: アマドコロ P. odoratum
学名
Polygonatum odoratum (Mill.) Druce[1]
英名
Solomon's Seal
変種
  • オオアマドコロ P. o. var. maximowiczii
  • ウスバアマドコロ P. o. var. odoratum
  • アマドコロ P. o. var. pluriflorum
  • ヤマアマドコロ P. o. var. thunbergii

アマドコロ(甘野老、学名: Polygonatum odoratum)は、キジカクシ科アマドコロ属多年草。狭義にはその一変種 P. o. var. pluriflorum[2]。日当たりのよい山野に生え、草丈50センチメートル前後で、長楕円形の葉を左右に互生する。春に、葉の付け根からつぼ形の白い花を垂れ下げて咲かせる。食用や薬用にもされる。変種に大型のヤマアマドコロオオアマドコロがある[3]

名称[編集]

和名アマドコロは、根茎の見た目がヤマノイモ科のトコロオニドコロ)に似ており、甘みがあることが由来になっている[4][5]

地方により、別名キツネノチョウチン[6]チョウチンバナ[6]、イズイ[5]、アマナ(甘菜)[5]などともよばれる。中国植物名は玉竹(ぎょくちく)[7]

花言葉は、「元気を出して」[5]「心の痛みがわかる人」[5]である。

分布・生育地[編集]

ヨーロッパ東アジアに分布する[8]。日本では、北海道から九州にかけて分布する[5]。日当たりのよい山野などの草原や、林縁に自生する[9][10]

栽培されることも多く、庭先や鉢植えなどで葉に斑入りの園芸種を見かける[4]。栽培では、夏季は冷涼なところを好むことから、腐葉土で水はけをよくして半日陰の場所で育て、秋に根分けさせる[11]

特徴[編集]

多年草。地下茎があり、横に伸びた先に花茎を立てる[5]。草丈は30 - 80センチメートル[5]は地下茎の先端から毎年1本の芽が出て少し斜めに立ち[3]、5 - 6本の稜角(縦筋)があり[9][5]、触ると少し角張った感じがする。互生し、幅広い長楕円形で先が尖り[9]、普通の緑のものと斑入りのものがある[5]

期は(4 - 5月)ころ[5]。葉の付け根から単一または基部で2分した細い花柄に、細いつぼ型(形)をした白色の花をつける[5]。花は垂れ下がって開き、先の方は緑がかっている[4][11]。花の長さは2センチメートル (cm) 、6花被片が合体した筒状形である[11]

果実液果で、径1センチメートルほどの球形をしていて、花と同様に茎に下向きに垂れ下がる[10]。果実の色は、秋に暗緑色から青黒く熟する[11][10]種子は、楕円形や卵球形で大きめのへそが目立ち、色は茶褐色をしている[12]。種子は低温にあたることで休眠状態が打破されるため、一冬越すと翌春に芽生える[10]。さらに、もう一冬を越さなければ、地上で葉を開いて生長することができない[10]

根茎は円柱形で節があり、節間は長く横に伸びて細いひげ根を出す[4][11]

同属のナルコユリ (Polygonatum falcatum) とよく似ているが、ナルコユリは花のつけ根に緑色の突起があるのに対し、アマドコロは花と花柄のつなぎ目は、突起状にならないことで区別がつく[13]。また、ナルコユリの茎は円柱形であるが、アマドコロの茎では角張っている[5]

利用[編集]

食用[編集]

春の若芽や地下茎には甘みがあり、山菜として食用にされる[5]。4 - 5月ごろにに10センチメートルほどに伸びた若芽を地中部の白い部分から採取するか、20センチメートルほど伸びた芽を地上部で摘み取り、天ぷらにしたり茹でて和え物などにするなど、春の山菜として楽しまれている[4]。根茎は特に晩秋が旬とされ、天ぷらにすると美味とされる[14]

薬用[編集]

薬用部位となる根茎には配糖体コンバラリン、粘液質のマンノースなどを含んでいる[9]。マンノースには、胃や腸の粘膜を保護する作用や消炎作用があるほか、分解して体に吸収されると滋養になるといわれ、『本草綱目』(1578年)でも滋養強壮、消炎薬として紹介されている[9]

伝統的な漢方方剤ではあまり使われず、日本薬局方にも収録されていないが、かつては民間薬として利用された。地上部の茎葉が黄変して枯れはじめる10 - 11月ごろに掘り、ヒゲ根や茎を取り除いて水洗いし、きざんで天日乾燥させたものを萎蕤(いずい)、漢方では玉竹(ぎょくちく)ともいう生薬である[7]。かつて滋養強壮に用いられていたが、現在ではあまり使われていない[9]。咳や疲労倦怠にも効果があるとされ、1日量5 - 10グラムを600 で30分ほど半量になるまで煎じ、3回に分けて服用される[7]

打ち身、捻挫の薬として用いられることもあり、生の根茎をすり下ろしたものや、粉末または絞り汁は食酢と小麦粉を加えて練り合わせてペースト状にしたものをガーゼや布に伸ばして、湿布として利用した[9][15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “アマドコロ(広義)Polygonatum odoratum”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年5月20日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “アマドコロ Polygonatum odoratum var. pluriflorum”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年5月20日閲覧。
  3. ^ a b 馬場篤 1996.
  4. ^ a b c d e 田中孝治 1995, p. 60.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 主婦と生活社編 2007, p. 9.
  6. ^ a b 貝津好孝 1995, p. 82.
  7. ^ a b c 貝津好孝 1995.
  8. ^ "Polygonatum odoratum (Mill.) Druce". Germplasm Resources Information Network (GRIN). Agricultural Research Service (ARS), United States Department of Agriculture (USDA). 2012年8月15日閲覧 (英語)
  9. ^ a b c d e f g 田中孝治 1995.
  10. ^ a b c d e 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2018, p. 253.
  11. ^ a b c d e 馬場篤 1996, p. 17.
  12. ^ 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2018.
  13. ^ 大嶋敏昭 2005, p. 192.
  14. ^ 本山荻舟『飲食事典』平凡社、1958年、13頁。全国書誌番号:59001337
  15. ^ 廣部千恵子、「日本の民間薬4 : 皮膚のトラブルに対する民間薬2」 清泉女子大学紀要 50巻, 2002-12-25, 87-132頁。

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈フィールド・ガイドシリーズ 16〉、1995年7月20日、82頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 大嶋敏昭『花色でひける山野草の名前がわかる辞典』成美堂出版、2005年3月20日、192頁。ISBN 4-415-02979-5
  • 主婦と生活社編『野山で見つける草花ガイド』主婦と生活社、2007年5月1日、9頁。ISBN 978-4-391-13425-4
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『増補改訂 草木の 種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2018年9月20日、253頁。ISBN 978-4-416-51874-8
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、60頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 永田芳男写真『山に咲く花 : 写真検索』畔上能力編・解説、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、146頁。ISBN 978-4-635-07021-8
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、17頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 平野隆久写真『野に咲く花 : 写真検索』林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、80頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]