アホカイ節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アホカイ節
菊地正夫シングル
A面 アホカイ節
B面 風の吹くまま
リリース
規格 7インチシングル
録音 1964年 日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝レコード
作詞・作曲 十二村哲 / 文れいじ
菊地正夫 シングル 年表
不詳アホカイ節
1964年
不詳
テンプレートを表示

アホカイ節』(アホカイぶし)は、1964年(昭和39年)に菊地正夫(のちの城卓矢)がリリースした東芝レコード時代のシングル、ならびに同シングルのA面楽曲のタイトルである。

略歴・概要[編集]

1958年(昭和33年)、第1回「日劇ウエスタンカーニバル」にウエスタン・キャラバンのメンバーとして参加、1960年(昭和35年)にテイチク・レコード(現在のテイチクエンタテインメント)から『ひとりぼっちで』でデビュー、B面だった『スタコイ東京』で注目を浴びた菊地正夫が、1963年(昭和38年)に移籍した東芝レコード(現在のEMIミュージック・ジャパン)からリリースしたシングルレコードの1枚である。

『スタコイ東京』、『ダッキャ・ダッキャ節』同様の「民謡ロック」系の楽曲で、作曲の文れいじは当時クラウン・レコード専属作家であった菊地正夫の実兄・北原じゅんの別名。1966年(昭和41年)1月、菊地が「城卓矢」に改名してリリースした『骨まで愛して』の前史として存在する楽曲である。

『アホカイ節』は、1975年(昭和50年)、キングレコードから発売された原みつるとシャネル・ファイブのライヴアルバム『シャネル・ファイブ・イン・サッポロ』で、『あほかい節』のタイトル、同バンドの梅村良一の編曲により原の歌唱でカヴァーされ、同バンドの原みつるが平田満としてソロデビューした1976年(昭和51年)、同じくキングレコードから発売された平田満+シャネル・ファイブのアルバム『愛の狩人』で、『あほかい節』のタイトル、土持城夫の編曲により原改め平田に再びカヴァーされている。のちに時期は不明であるが、ALL STRAS ORCHESTRAが『アホカイ節』のタイトルでカヴァーしている[1]

収録曲[編集]

  1. アホカイ節(TP-1104)
  2. 風の吹くまま

ディスコグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ 作品データベース検索 検索結果、一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC、2010年8月13日閲覧。

関連項目[編集]