アペロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アペロール
アペロール
基本情報
種類 リキュール
度数 11%
発泡 なし
原産国 イタリア
製造元 カンパリグループ
詳細情報
鮮やかな赤(透明)
テンプレートを表示

アペロール(Aperol)とは、イタリア産のリキュール (アマーロ) の銘柄の1つである。ゲンチアナ、ルバーブ、キナ等のエキス分を含むビター系食前酒の一種で、赤味を帯びたオレンジ色をしており、アルコール度数は11度、エキス分は25.8%[1]

概要[編集]

1919年、イタリアヴェネト州パドヴァのバルビエリ社によって製造販売された。

2003年、カンパリグループの傘下に入った。

"アペロール"というネーミングは、イタリア語食前酒を意味する「アペリティフ」(アペロ)に由来する。

ルバーブキナゲンチアナなどのハーブを、蒸留酒に浸漬する方法で製造される[1]

アペロールを使ったカクテル[編集]

スプリッツ

脚注[編集]

  1. ^ a b 福西 英三 『リキュールブック』 p.185 柴田書店 1997年7月1日発行 ISBN 4-388-05803-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]