アペロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アペロール
アペロール
基本情報
種類 リキュール
度数 11%
発泡 なし
原産国 イタリア
製造元 バルビエリ社
詳細情報
鮮やかな赤(透明)
テンプレートを表示

アペロール(Aperol)とは、イタリア産のリキュールの銘柄の1つである。赤味を帯びたオレンジ色をしており、アルコール度数は11度、エキス分は25.8%[1]

リュバブ、キナ、ゲンチアナなどを、蒸留酒に浸漬する方法で製造される[1]

説明[編集]

イタリアのヴェネト州パドヴァにある、バルビエリ社が製造。

1919年に誕生し、イタリアを中心にヨーロッパで飲まれているハーブ系リキュールである。

"アペロール"というネーミングは、イタリア語食前酒を意味する「アペリティフ」に由来する。

アペロールを使ったカクテル[編集]

スプリッツ
  • スプリッツ(it:Spritz)
  • アペロール・ソーダ - いわゆる、アペロールの炭酸水割り。

脚注[編集]

  1. ^ a b 福西 英三 『リキュールブック』 p.185 柴田書店 1997年7月1日発行 ISBN 4-388-05803-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]