アフガニスタン赤新月社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフガニスタン赤新月社(英語:Afghan Red Crescent Society ARCS)は、アフガニスタン国際赤十字赤新月社連盟参加組織。この組織は70年以上にわたって存在しているが、この20年は国の影響を大きく受けて制限されていた。

歴史[編集]

アフガニスタン赤新月社は1934年4月に孤児を救う目的でカーブルに設立された。1951年10月には、地方支部、経営委員会を組織に組み込むことが選挙で決められた。ARCSにとって重要なパートナーである国際赤十字赤新月は、1991年に代理委員会を設置していたが、アフガニスタン戦争では避難していた。近年組織的容量でチームは制限されており、組織とARCSの活動は組織は地域をおおうようにいたるところにあり、32の県のうち31の県に支部がある

活動[編集]

ARCSは国際組織を通してアメリカイギリスオーストラリアカナダ日本の組織から重要な援助を受けている。また、ARCSはイランカタールサウジアラビアアラブ首長国連邦の組織と相互関係を持っている。

アフガニスタンの広範囲で人道主義に基づいて活動しており、ARCSは全ての民族に等しく活動することを要求している。組織の活動は災害対応と健康管理、年少者に焦点を合わせている。

正確な記録ではないが国際組織からの発表では2003年にはメンバーは10000人、ボランティアは1200人と見積もっている。2007年の会長へのインタビューではARCSには37000人近くのボランティアがいるとされている。