アピサイ・イエレミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アピサイ・イエレミア
Apisai Ielemia
Apisai Ielemia cropped.jpg
生年月日 (1955-04-19) 1955年4月19日
没年月日 (2018-11-19) 2018年11月19日(63歳没)
配偶者 シキナラ・イエレミア[1]

ツバルの旗 第11代 ツバル首相
在任期間 2006年8月14日 - 2010年9月29日
元首 エリザベス2世
テンプレートを表示

アピサイ・イエレミア英語: Apisai Ielemia1955年8月19日 - 2018年11月19日)は、ツバルの政治家。2006年から2010年まで、同国の第11代首相を務めた。

ヴァイツプ島選出の国会議員だが、政治的な地盤は持っていない。これは、政党というものが存在しないツバルでは珍しくないことである。

経歴[編集]

2006年8月3日の総選挙でマアティア・トアファ政権が敗北し、8月14日に野党議員であったイエレミアが国会で次期首相に選任された。外務相も兼務。

政権は一貫して中華民国との関係を重視し、2007年12月には同国を訪れ二国間の問題を協議した[2] 。2009年にデンマークコペンハーゲンで開かれた第15回気候変動枠組条約締約国会議(COP10)では海面上昇の窮状を訴え、高い注目を集めた。

2010年の総選挙でも自らの選挙区で再選された[2]

内閣の顔ぶれ[編集]

2006年9月時点でのアピサイ・イエレミア内閣の閣僚名簿は以下の通り[3]

  • 副首相兼天然資源相 - タヴァウ・テイー議員(ニウタオ島選出)
  • 国会報道官 - サー・カムタ・ラタシ議員(フナフティ島選出)
  • 議事担当相 - ウィリー・テラヴィ議員(ナヌメア島選出)
  • 金融・経済計画相 - ロトアラ・メティア議員(ヌクフェタウ島選出)
  • 公共事業・水・エネルギー相 - カウセア・ナタノ議員(フナフティ島選出)
  • コミュニケーション・交通・観光相 - タウケリナ・フィニカソ議員(ヴァイツプ島選出)
  • 教育・青少年・スポーツ相 - ファレサ・ピトイ議員(ナヌマンガ島選出)
  • 厚生相 - イアコバ・イタレリ議員(ヌイ島選出)
  • 議員総会(国会)議長 - サー・トム・シオネ議員(ニウタオ島選出)

首相退任後[編集]

2010年12月にマアティア・トアファ内閣の不信任決議案が可決され、ウィリー・テラヴィが次期首相に選出された[4]。テラヴィの盟友であったイエレミアは外務・環境・貿易・労働・観光相として入閣した[5]

2018年11月19日に63歳で死去[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
マアティア・トアファ
ツバルの旗 ツバル首相
第11代:2006年 - 2010年
次代:
マアティア・トアファ