アネット・チゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アネット・チゾンフランス語:Annette Tison1942年 - )は、フランスソール=オスゴール出身の絵本作家アメリカ出身で同じく絵本作家のであるタラス・テイラーと共に「バーバパパ」の生みの親として知られる。

チゾンは1965年エコール・スペシャル・ダルシテクチュール英語版を卒業し、元々は建築設計士建築家)であったが[1]1970年代にテイラーと共にパリリュクサンブール公園を散歩中、ある子供が両親に「barbe à papa(バーバパパ、フランス語で「わたあめ」)」と話しているのをテイラーが耳に挟み、アメリカ人のテイラーはフランス語が分からなかったためその意味をチゾンに聞いた所インスピレーションを受け、パリのカフェでいたずら書きした手紙からバーバパパが生まれた。

日本では翻訳家山下明生がバーバパパを初めて紹介し、たちまち日本でも話題となった。

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]