アドルフ・リッケンバッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドルフ・リッケンバッカー(Adolph Rickenbacker、1887年4月1日1976年3月7日[1])は、スイス生まれのアメリカ合衆国に帰化した楽器製造者、経営者。ギター・メーカーのリッケンバッカーなどを創業した[2]

リッケンバッカーはスイスのバーゼルで、ドイツ系アドルフ・アダム・リッゲンバッヒャー(Adolf Adam Riggenbacher)として生まれた[1]

1891年、一家はアメリカ合衆国にスイス・ドイツ系移民として、英語風のリッケンバッカー(Rickenbacher)と改姓し、オハイオ州コロンバスに住むようになった。少年期のアドルフは、母が死に、鉄道事故で両脚を失って酒に溺れた父に養育を放棄され、辛うじて長姉に育てられた。青年期になるとアドルフは自分の名を Adolph と綴るようになった。コロンバスで知り合った同じドイツ系のシャーロッテ・カマラー(Charlotte Kammarer)と結婚して、イリノイ州に移り、1918年カリフォルニア州南部へ移住した[1]

第一次世界大戦において、遠縁のエディ・リッケンバッカーEddie Rickenbacker)が米軍最高のエース・パイロットとして名を馳せると、それにあやかってか、あるいは単にドイツ語風のリッゲンバッヒャー(Riggenbacher)の綴りを避けるために、1930年代から自分の姓の綴りを英語風のリッケンバッカー(Rickenbacker)に改めた(ただし、私的な手紙などでは終生 “Riggenbacher” と署名していた)[1]

1920年代後半、リッケンバッカーは自分の会社(Rickenbacker Manufacturing Company)を創業し、ナショナル・ストリング・インストゥルメンツ・コーポレーションに金属性のギター・ボディを供給し始めた[2]。この結びつきから、リッケンバッカーはジョージ・ビーチャム、ポール・バース(Paul Barth)と知り合い、共同でロー・パット・イン・コーポレーション( the Ro-Pat-In Company)を創設した。彼らは1932年に、最初のアルミニウム鋳造ラップスティール・ギターフライング・パンFrying Pan)を製造した。その2年度に、社名はエレクトロ・ストリング・インストゥルメント・コーポレーション(the Electro String Instrument Corporation)に改められた。1939年に製造が中止されるまで、累計およそ2,700本のフライング・パンが製造された[3]

リッケンバッカーはギター・メーカーの将来性を確信しておらず、1953年に、南カリフォルニアにおけるエレクトリック・ギター・ブームの先駆者だったフランシス・ケアリ・ホール(Francis Cary Hall)に、事業を売却した[2]

アドルフ・リッケンバッカーは、1976年にカリフォルニア州オレンジ郡で、癌のため、90歳で死去した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d Bänz Friedli (2006年7月21日). “Father of the Electric Guitar”. Rickenbacker. 2011年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c The Earliest Days of the Electric Guitar”. Rickenbacker. 2011年6月25日閲覧。
  3. ^ Matt Blackett,. “101 Greatest Moments in Guitar History 1931 - 1952”. Bass Player (New Bay Media, LLC.). 2011年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]