アドニス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドニス
2101 Adonis
仮符号・別名 1936 CA[1]
分類 地球近傍小惑星[1]
潜在的に危険な小惑星[1]
軌道の種類 アポロ群[1]
発見
発見日 1936年2月12日[1]
発見者 ウジェーヌ・デルポルト[1]
発見場所 ベルギーの旗 ベルギーイクル[1]
軌道要素と性質
元期:BJD 2,459,000.5(2020年5月31.0日)[1]
軌道長半径 (a) 1.8748 au[1]
近日点距離 (q) 0.4425 au[1]
遠日点距離 (Q) 3.3072 au[1]
離心率 (e) 0.7640[1]
公転周期 (P) 937.6595 (2.57 [1]
軌道傾斜角 (i) 1.3225°[1]
近日点引数 (ω) 43.6081°[1]
昇交点黄経 (Ω) 336.1573°[1]
平均近点角 (M) 349.4863°[1]
物理的性質
直径 0.523 - 1.170 km[2]
アルベドを0.04 - 0.20と仮定)
0.6 km[1]
絶対等級 (H) 18.8[1]
Template (ノート 解説) ■Project

アドニス[3] (2101 Adonis) はアポロ群に分類される地球近傍小惑星の一つである。1936年ウジェーヌ・デルポルトによって発見された。地球近傍小惑星のうちアポロ群として2番目に認識された小惑星である。名前はギリシア神話に登場する美の女神ヴィーナスが恋に落ちた美しい若者、アドニスに由来する[4]

発見当初の接近の際は軌道を計算するに足る観測は行えなかったため、発見後はわずか2ヶ月間しか観測されず、1977年にブライアン・マースデンによる数学的予測によってチャールズ・トーマス・コワルが再発見するまで約41年間、見失われた小惑星とされてきた。21世紀の間にアドニスは地球へ3000万 km以内の範囲に6回接近し、そのうち2036年2月7日の接近では530万 kmまで接近することが予想されている[1]

ベルギーの漫画『タンタンの冒険旅行』シリーズの『月世界探検』で、ハドック船長がつかまりそうになった小惑星として登場している。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t JPL Small-Body Database Browser: 2101 Adonis (1936 CA)”. JPL Small-Body Database. Jet Propulsion Laboratory. 2021年2月2日閲覧。
  2. ^ (2101) Adonis – PHYSICAL INFORMATION”. NEODyS - Near Earth Objects Dynamic Site. 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月2日閲覧。
  3. ^ 『オックスフォード天文学辞典』朝倉書店、2003年、初版第1刷、6頁。ISBN 4-254-15017-2
  4. ^ Schmadel, Lutz D. (2007). “(2101) Adonis”. Dictionary of Minor Planet Names. Springer Berlin Heidelberg. p. 170. doi:10.1007/978-3-540-29925-7_2102. ISBN 978-3-540-00238-3. https://archive.org/details/dictionaryminorp00schm