アチンスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アチンスク
Ачинск
シベリア鉄道のアチンスク駅
シベリア鉄道のアチンスク駅
アチンスクの市旗 アチンスクの市章
市旗 市章
位置
ロシア内のクラスノヤルスク地方の位置の位置図
ロシア内のクラスノヤルスク地方の位置
座標 : 北緯56度15分 東経90度30分 / 北緯56.250度 東経90.500度 / 56.250; 90.500
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 シベリア連邦管区
 行政区画 クラスノヤルスク地方の旗 クラスノヤルスク地方
 市 アチンスク
地理
面積  
  市域 103 km2 (40 mi2)
標高 245 m
人口
人口 (2010年現在)
  市域 109,155人
    人口密度   1,060人/km2(2,700人/mi2
  備考 国内148位
その他
等時帯 クラスノヤルスク時間 (UTC+7)
郵便番号 662150-662189
市外局番 +7 39151
公式ウェブサイト : http://www.adm-achinsk.ru/

アチンスク(ロシア語:А́чинск、ラテン文字転写:Achinsk)はロシア連邦クラスノヤルスク地方に属している都市である。クラスノヤルスクの西163km、シベリア鉄道チュリム川と交差する地点に位置している都市である。人口は109,155 人(2010年)である[1]

人口動態[編集]

アチンスクは、20世紀に急成長した。人口は、1939年の32,000人から、1969年に85,000人、1989年国勢調査では121,572人となった[2]。21世紀初頭には、わずかに人口が減少した。2002年国勢調査では118,744人[3]、2010年国勢調査では109,155人である[1]

経済[編集]

アチンスクの経済は、精製所などを含む重工業が中心となっており、木材、アスファルト、セメントなどの建設資材も生産している。さらに、ろう、レンガ、電気機械などの工場も存在する。また、食品に関係した乳業工場、食肉加工施設や、靴、家具工場もある。

市の大企業、アチンスク・アルミナ・プラントは、ルサールグループに属する。さらに市では、1年あたり約200万トンのセメントを生産するセメント工場を運営している。

交通[編集]

鉄道
シベリア鉄道
航空
アチンスク空港

文化と教育[編集]

2006年時点で、アチンスクには11の保健医療施設と20以上の学校がある。著名な場所には、アチンスク劇場、アチンスク国立歴史博物館、アチンスク博物館・展示場、カザン大聖堂などがある。

出典[編集]

  1. ^ a b Russian Federal State Statistics Service (2011年). “Всероссийская перепись населения 2010 года. Том 1” [2010 All-Russian Population Census, vol. 1] (Russian). Всероссийская перепись населения 2010 года (2010 All-Russia Population Census). Federal State Statistics Service. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ Demoscope Weekly (1989年). “Всесоюзная перепись населения 1989 г. Численность наличного населения союзных и автономных республик, автономных областей и округов, краёв, областей, районов, городских поселений и сёл-райцентров” [All Union Population Census of 1989: Present Population of Union and Autonomous Republics, Autonomous Oblasts and Okrugs, Krais, Oblasts, Districts, Urban Settlements, and Villages Serving as District Administrative Centers] (Russian). Всесоюзная перепись населения 1989 года [All-Union Population Census of 1989]. Институт демографии Национального исследовательского университета: Высшая школа экономики [Institute of Demography at the National Research University: Higher School of Economics]. 2014年8月9日閲覧。
  3. ^ Russian Federal State Statistics Service (2004年5月21日). “Численность населения России, субъектов Российской Федерации в составе федеральных округов, районов, городских поселений, сельских населённых пунктов – районных центров и сельских населённых пунктов с населением 3 тысячи и более человек Page white excel.png (XLS)” [Population of Russia, Its Federal Districts, Federal Subjects, Districts, Urban Localities, Rural Localities—Administrative Centers, and Rural Localities with Population of Over 3,000] (Russian). Всероссийская перепись населения 2002 года [All-Russia Population Census of 2002]. 2014年8月9日閲覧。