おおいぬ座イプシロン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アダーラから転送)
移動先: 案内検索
おおいぬ座ε星[1]
Epsilon Canis Majoris
仮符号・別名 アダラ[2]
Adhara[3][4]
星座 おおいぬ座
視等級 (V) 1.513[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 06h 58m 37.54876s[1]
赤緯 (Dec, δ) -28° 58′ 19.5102″[1]
赤方偏移 0.000091[1]
視線速度 (Rv) 27.3km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 3.24 ミリ秒/年[1]
赤緯: 1.33 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 8.05 ± 0.14 ミリ秒[1]
距離 404.97 ± 7.17光年[注 1]
(124.22 ± 2.20パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -3.958[注 2]
物理的性質
半径 10.4 R[5]
質量 11 - 12 M[5]
スペクトル分類 B1.5II [1]
光度 3,500 L[5]
表面温度 21,900 K[5]
色指数 (B-V) -0.21[6]
色指数 (U-B) -0.93[6]
色指数 (R-I) -0.21[6]
別名称
別名称
おおいぬ座21番星[1]
CD -28 3666[1]
FK5 268[1], HD 52089[1]
HIP 33579[1], HR 2618[1]
SAO 172676[1]
■Project ■Template

おおいぬ座ε星は、おおいぬ座恒星で2等星。1.513等星と、2等星の中では最も明るい。

概要[編集]

4.91秒角離れたところにある9.3等星と連星系を成している[7]超新星爆発を起こすのに十分な質量を持っているが、超新星爆発を起こさない場合は珍しい酸素-ネオン白色矮星になるものと考えられている[5]

ブラジルの国旗に描かれており、トカンティンス州を象徴する星とされている[8]

名称[編集]

ε Canis Majoris(略称はε CMa)。固有名のアダラ[2](Adhara[3][4])はアラビア語で「乙女たち」という意味の Al ʽAdhārā (ألعذاري) という言葉に由来する[2][3]。2016年8月21日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) によって、 Adhara が固有名として正式に承認された[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ADARA. 2013年1月24日閲覧。
  2. ^ a b c 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、239頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c Kunitzsch, Paul; Smart, Tim (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations (2nd rev. ed.). Sky Publishing. p. 23. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年9月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e Kaler,James B.. “Adhara”. Stars website. University of Illinois. 2014年7月13日閲覧。
  6. ^ a b c 輝星星表第5版
  7. ^ SIMBAD Astronomical Database”. 2014年7月13日閲覧。
  8. ^ Astronomy of the Brazilian Flag”. FOTW Flags Of The World website. 2014年7月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]