アグダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯39度59分35秒 東経46度55分50秒 / 北緯39.99306度 東経46.93056度 / 39.99306; 46.93056

アグダム

Ağdam / Ակնա

アクナ
Aghdam 6.jpg
アグダムの位置(アゼルバイジャン内)
アグダム
アグダム
座標:北緯39度59分35秒 東経46度55分50秒 / 北緯39.99306度 東経46.93056度 / 39.99306; 46.93056
アグダム県
標高
369m
等時帯 UTC+4
 • 夏時間 UTC+5

アグダム (Ağdam, Agdam, Aghdam) は、アゼルバイジャン南西部にあるゴーストタウン。かつてはアグダム県の県都として栄え、1989年には28,000人の人口があった。現在はアルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ共和国)の実効支配区域にある。ナゴルノ・カラバフ戦争の激戦地であり、1993年7月のナゴルノ・カラバフ共和国軍(アルメニア軍)侵攻によって全てのアゼルバイジャン系住民は町を脱出した[1]。放棄された町はアルメニア人による破壊と略奪行為の果てに、その後十数年で完全なゴーストタウンと化した[2]国連安全保障理事会決議8531993年)で「全ての敵対行為の即時停止とアグダムのほか、最近占領されたアゼルバイジャン共和国領からの占領軍の撤退および決議822の再確認[3]」を要求している。

2010年11月、町はナゴルノ・カラバフ共和国政府によってアクナ(アルメニア語:Ակնա)に改称された[4][5]。行政区画としては10kmほど離れたアスケランの一部になる[6]

2020年11月20日、2020年ナゴルノ・カラバフ戦争停戦条約によりアゼルバイジャン領に復帰[7]。その後、アゼルバイジャン政府関係者は大規模な再建計画、地雷の除去およびアルメニアに対して賠償要求を準備していると発表[8]

脚注[編集]