アエギディウス (聖人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖アエギディウス
Meister des Heiligen Ägidius 004.jpg
シカを抱く聖アエギディウス、16世紀ドイツの絵画
生誕 650年
アテネ
死没 710年
フランス
崇敬する教派 カトリック教会、正教会
記念日 9月1日
象徴 隠者の服装をし司教杖を持ち、矢を射られ、アカシカとともに描かれる
守護対象 鍛冶屋、乞食、ペスト、良い告解、身障者

アエギディウスラテン語Ægidius, フランス語Gilles, イタリア語Egidio, 650年頃 - 710年頃)は、カトリック教会で崇敬される聖人・隠者。フランス語では聖ジル、英語では聖ジャイルズと呼ばれる。

アテネで生まれて南フランスで没したとされ、特にプロヴァンスであつく信仰されている鍛冶屋・乞食の守護聖人である。絵画や彫刻では、隠者の服装をして司教杖を持ち、矢を射られてアカシカとともに描かれている。

祝日は9月1日。

その後プロテスタントが主流になった地域、例えばスコットランドの首都・エディンバラでは聖ジャイルズ(聖アエギディウス )が町の守護聖人で、聖ジャイルズ大聖堂スコットランド国教会の本部で、スコットランドのA級建造物にも指定されている。