アイーダ・プリマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイーダ・プリマ
AIDAprima 2016-04a.jpg
ロッテルダム港にて(2016年4月19日)
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 イタリアの旗 イタリア
所有者 アイーダ・クルーズ
運用者 アイーダ・クルーズ
建造所 三菱重工業長崎造船所(2300番船)[1]
信号符字 IBGU
IMO番号 9636955
MMSI番号 247353800
経歴
発注 2011年11月[2]
起工 2013年6月30日[2]
進水 2014年5月3日
竣工 2016年2月
就航 2016年4月30日
要目
総トン数 124,500トン
全長 300 m
全幅 37.6 m
旅客定員 3300名
テンプレートを表示

アイーダ・プリマ(Aida Prima)は、コスタ・グループ傘下のアイーダ・クルーズが運航するクルーズ客船。2016年就航。

特徴[編集]

三菱重工業ダイヤモンドプリンセスサファイアプリンセス以来、11年ぶりに受注したクルーズ客船で、2番船とともに長崎造船所で建造されている。空気の泡で船底の抵抗を減少させ燃費を向上する三菱空気潤滑システム(MALS)などの最先端の環境技術と、アイーダ独自のクルーズ体験を提供する様々な旅客設備が盛り込まれた次世代クルーズ客船となっており、日本国内で建造されたクルーズ客船としては過去最大[2]

アイーダ・ステラで行われたPepper実施試験の結果を受けて、2016年春を目処にアイーダ・プリマへPepperが導入される予定である[3]

歴史[編集]

2013年6月30日に起工式が行われ、建造に着手した[2][1]。2014年5月3日に船体が進水、艤装のため香焼ドックへ曳航された。当初、2015年3月に引き渡し予定であったが、初期設計と仕様確定の遅れ、度重なる設計変更などにより大幅に工期が遅れ、引き渡しは2015年9月に延期された[4]。2015年8月5日には再延期が発表され[5]、9月2日に新たな納期を2015年12月とすることを発表した[6]。しかし、最終的に当初予定からちょうど一年遅れの2016年3月14日にようやく完成を発表、引き渡し式が行われ、ハンブルクに向け出航した[7]

引き渡しの遅延により、アイーダ・クルーズは、2015年10月に欧州への回航を兼ねたデビュークルーズとして予定されていた横浜ドバイ行きクルーズと、ドバイ発ハンブルク行きクルーズをキャンセル、11月以降のクルーズについてはアイーダ・ステラで代替し、2016年3月のハンブルク発から運航を開始するとした[4]。引き渡しが3月にずれ込んだため、運行開始は4月30日となった。[7]三菱重工は本船と2番船を合計1000億円程度で受注したが、建造遅延により累計1600億円規模の損失を出しており、額は更に膨らむと見られる[6][8]

2016年1月11日、13日、31日の3度にわたり、建造中の船内で不審火とみられる小規模な火災が発生した[9]。3月14日にアイーダ・クルーズ引き渡され、ドイツへ回航された[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三菱重工、アイーダ・クルーズ新造船第1船の起工式を実施”. Web CRUISE. 海事プレス社 (2013年7月1日). 2015年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d “アイーダ・クルーズ向け大型クルーズ客船の建造に着手 世界最先端の環境技術を結集する次世代の大型客船” (プレスリリース), 三菱重工業, (2013年6月30日), オリジナルの2015年10月26日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151026114108/https://www.mhi.co.jp/news/story/1306305386.html 2015年9月3日閲覧。 
  3. ^ Costa Group (2015年12月15日). “Costa Group is the first cruise company to start trialing humanoid robots”. INVESTOR RELATIONS SOLUTIONS. 2015年12月16日閲覧。
  4. ^ a b 「アイーダ・プリマ」建造遅れで、日本発をキャンセル”. Web CRUISE. 海事プレス社 (2015年8月5日). 2015年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月26日閲覧。
  5. ^ “アイーダ・クルーズ向け客船について” (プレスリリース), 三菱重工業, (2015年8月5日), オリジナルの2015年10月26日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151026121448/https://www.mhi.co.jp/notice/notice_20150805.html 2015年10月26日閲覧。 
  6. ^ a b “三菱重工、アイーダ・クルーズ向け大型クルーズ客船1番船の納期を12月で合意”. 日刊工業新聞 (日刊工業新聞社). (2015年9月3日). オリジナルの2015年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151026121015/http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120150903bcal.html 2015年10月26日閲覧。 
  7. ^ a b “次世代クルーズ客船「AIDAprima」を引渡し ドイツのハンブルグに向け出航” (プレスリリース), 三菱重工業, (2016年3月14日), オリジナルの2016年3月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160314174430/https://www.mhi.co.jp/news/story/1603145737.html 2016年3月15日閲覧。 
  8. ^ http://www.j-cast.com/2016/01/11255108.html?p=3
  9. ^ “建造中の大型客船内で出火、今月3度目 長崎の三菱重工”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). (2016年1月31日). オリジナルの2016年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160205042823/http://www.asahi.com/articles/ASJ102VHPJ10TOLB005.html 2016年3月15日閲覧。 
  10. ^ “三菱重工の大型客船、やっと引き渡し 災難続き1年遅れ”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). (2016年3月14日). オリジナルの2016年3月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160314174032/http://www.asahi.com/articles/ASJ3G5WJBJ3GULFA02B.html 2016年3月15日閲覧。 

外部リンク[編集]