アイオニック (ヒョンデ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
現代自動車 > アイオニック (ヒョンデ)

アイオニック(IONIQ、아이오닉)は、韓国自動車メーカーである現代自動車が展開する電気自動車(EV)専用のサブブランド。元々、低公害車両の車名(ヒュンダイ・アイオニック)だったものがサブブランドに拡大された。

概要[編集]

2019年、フランクフルトモーターショーで参考出品された45・EVコンセプトの市販モデルで2021年2月23日、市販仕様が世界初公開されたことがブランドの発端である。同車は現代初の新開発の電気自動車専用RR(Rear Wheel Drive-Rear Motor)プラットフォーム「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」を初採用したモデルで、そのボディデザインは現代初のオリジナル生産車ポニーを参考にしており[1]、のちの2021年に量産仕様がアイオニック5として発表された。

2022年6月14日、韓国釜山においてアイオニック5が料金所の側壁に衝突、炎上し搭乗者2名が死亡する事故が発生した。監視カメラの映像より衝突3秒後には車両が火に包まれ、15分後に消防隊が到着した時点では車内まで燃え広がっていた。消防と専門家によるとバッテリーに加わった衝撃による熱暴走が原因と推測されている[2]

車種ラインナップ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]