ヒョンデ・アイオニック5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒュンダイ・アイオニック5(NE型)
2021 Hyundai Ioniq 5 Premium EV (3).jpg
2021 Hyundai Ioniq 5 Premium EV Rear.jpg
概要
製造国 大韓民国の旗 韓国
販売期間 2021年ー
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
駆動方式 リアモーター・後輪駆動/四輪駆動
プラットフォーム E-GMP
パワートレイン
モーター 永久磁石同期電動機
最高出力 58 kwh仕様
後輪駆動: 125 kW(170 PS
四輪駆動: 前53 kW(72 PS)・後120 kW(163 PS)
72.6 kwh仕様
後輪駆動: 160 kW(218 PS)
四輪駆動: 前70 kW(95 PS)・後155 kW(211 PS)
最大トルク 後輪駆動: 350 N·m
四輪駆動: 前255 N·m・後350 N·m
車両寸法
ホイールベース 3,000 mm
全長 4,635 mm
全幅 1,890 mm
全高 1,605 mm
テンプレートを表示

アイオニック5(IONIQ 5, 아이오닉 5)は、現代自動車が製造しているクロスオーバーSUV電気自動車である。ヒュンダイ(ヒョンデ)初のEV専用車種であり、電気自動車ブランドIONIQサブブランド車の第1弾となる[1]。2021年2月23日に正式発表された[2]

概要[編集]

45・EVコンセプト

2019年のフランクフルトモーターショーで参考出品された45・EVコンセプトの市販モデルであり、2021年2月23日、市販仕様が世界初公開された。新開発の電気自動車専用プラットフォームE-GMP(Electric-Global Modular Platform)を初採用したモデルで、そのボディデザインはヒュンダイ初の独自生産モデル、ポニーを参考にしている[3]

アウタードアハンドルには空力性とスタイリング性向上の目的で電動格納式が採用されている。

外観で目を引くのはパラメトリックピクセルと呼ばれる真四角のデザインを、ホイールをはじめ、ヘッドライトや電気充電口など随所に散りばめているところである。フロントは薄いヘッドライトとクラムシェルフードを採用しパーティングラインを最小化。流麗でポニーを彷彿とさせる懐かしい外見ながらもハイテクなイメージを実現した[4] [5]。専用の電気自動車プラットフォームにより、3メートルのホイールベース内に平坦な床が広がりフロントセンターコンソールに関しても140 mmの前後スライドを実現した。荷室容量は5名乗車時には531 L、リアシート格納時には約1,600 Lである[6]

E-GMPについては現代-起亜グループ内で水平展開され、キアからは「EV6」として、ジェネシスからは「GV60」として登場するが、ホイールベースはアイオニック5のみが100 mm長い3,000 mmとなっている。

日本仕様は2022年2月8日に発表。日本市場に再進出を図る最初のモデルとなった。販売価格は479万円で同年5月より注文開始、7月より配達開始としている[7]。日本ではディーラーを設けず、全て公式アプリ/公式サイト経由にて注文受付とする。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]