ヒュンダイ・アイオニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイオニック (IONIQ)は、ヒュンダイが製造・発売している自動車である。

初代 (2016年- )[編集]

アイオニック
AE型
2016-2018
Ioniq front side view.png
2019-
20190301 Hyundai Ioniq 1.jpg
製造国 大韓民国の旗 韓国
マレーシアの旗 マレーシア
販売期間 2016-年
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバックセダン
エンジン カッパ 1.6L I4 DOHC
駆動方式 FF
モーター 永久磁石同期電動機
最高出力 エンジン:78kw(105PS)/5,700rpm
モーター:32kW(43.5PS)
システム出力:104kW(141PS)
最大トルク エンジン:147Nm(15.0kgm)/4,000rpm
モーター:170Nm(17.3kgm)
システム出力:265Nm(27.0kgm)
変速機 6DCT
サスペンション 前:ストラット式
後:マルチリンク式[1]
全長 4,470mm
全幅 1,820mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,380-1,410kg
姉妹車 キア・ニロ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2016年1月7日(現地時間)に世界初披露され、同年1月14日に韓国で発売を開始した。プラットフォームは新開発された専用の物で、同じプラットフォームを使う電気自動車プラグインハイブリッドカーバージョンも発売が予定されている。

エンジンは業界トップクラスの最大熱効率40%を達成した、自社新開発の1.6L直噴カッパエンジンを採用している[2]

独自開発の新型ハイブリッドシステム、「DCT-TMED」を採用[3]。専用設計の軽量デュアルクラッチトランスミッションを独自のハイブリッドシステムと組み合わせ、空気抵抗を極限まで減少させたデザイン(Cd値:0.24)などによって、燃費は韓国政府共同告示基準では史上最高の22.4km/Lに達し、同じ韓国基準での新型(4代目)プリウスの21.9km/Lを上回っている[4]。またアメリカでも、米環境保護庁(EPA)基準の燃費は58MPGで、同じEPA基準の4代目プリウスの公表値(56MPG)を上回った[5]

欧州の自動車安全性評価、ユーロNCAPの衝突安全テストの結果、最高評価の5つ星を受けた[6]

世界初となる独自の新機能として、精密地図のナビゲーションを活用した省エネ運転支援システム、ECO-DAS(Eco-Driving Assistant System)を搭載[7]。GPS情報で経路前方の上り坂や下り坂などを予測し、能動的にバッテリー充電・放電管理を行う[7]。歩行者検知機能付自動緊急ブレーキAEB、スマートクルーズコントロール車線逸脱防止支援システムもオプションとして選択可能[8]

2016年2月11日、プラットフォームを共有するSUVキア・ニロも発表された。その結果、同じプラットフォーム上に3種類の電動パワートレインPHEV、EV、HEVを採用した世界初の世界車モデルでした。

2019年5月2日にはフェイスリフトモデルが公開された。 小さな外観の変化と共に、破格的な室内変化を披露した。

評価[編集]

韓国の東亜日報はアイオニックに試乗してサスペンションなどを評価し、「運転の楽しさを選択肢に入れた」と評した[9]。韓国の中央日報は、その燃費は評価するものの、「走る楽しさまで期待するのはやや無理」と評している[10]。韓国の自動車雑誌であるモーターグラフは、DCTの走行感覚やハンドリングを評価し、「つまらなくないHV」と評している[11]

一方、日本産経新聞等は、完全公開される前の開発段階から外観がトヨタ・プリウスに似ていると主張していた[12][13][14]。正式公表後は、日経テクノロジーオンラインが、デザインについては「車両の外観はプリウスを意識したように見える」と評する一方、ハイブリッド機構については「プリウスのものと大きく異なる」としている[15]Record Chinaは、中国では「プリウスのパクリでありトヨタを超えられない」との意見があると報じている[16]

画像[編集]

車名[編集]

「IONIQ (アイオニック)」は、「ion (イオン)」と「unique (ユニーク)」を合わせた造語である[17]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2016 현대 아이오닉 하이브리드 Daum 자동차
  2. ^ 미래 모빌리티를 위한 연구 그리고 혁신, 현대자동차 IONIQ :: 현대자동차 공식 블로그 About Hyundai
  3. ^ 현대차의 ‘범고래’ 아이오닉 깊이 보기, 프리우스의 상대가 될까?
  4. ^ 4세대 프리우스 VS 아이오닉 하이브리드… 가격·연비 아이오닉 勝、2016年3月23日
  5. ^ [1]
  6. ^ 【ユーロNCAP】ヒュンダイのプリウスハンター、最高評価…アイオニック
  7. ^ a b 아이오닉(IONIQ)의 시작, 넥스트 모빌리티를 향한 진화 #3 Eco-Driving Assistant System(ECO-DAS) :: 현대자동차 공식 블로그 About Hyundai
  8. ^ 현대자동차 공식 홈페이지
  9. ^ [시승기현대차 아이오닉 HEV ‘19.4대29.4, 평균연비 10km/ℓ의 격차’]、2016年1月21日
  10. ^ 現代自動車のHEV「アイオニック」試乗記、「プリウス」と比較すると… 中央日報、2016年1月21日
  11. ^ 시승기 현대차 아이오닉, 지루하지 않은 하이브리드] モーターグラフ、2016年1月21日
  12. ^ まるで次期 プリウス!? ヒュンダイ「プリウスハンター」がベールを脱いだ レスポンス、2015年7月27日
  13. ^ 【ビジネス解読】プリウスにそっくりじゃね~か!韓国ヒュンダイ(現代)自動車、起死回生のHV新モデルのパクリぶりに業界騒然… 産経ニュース、2015年8月31日
  14. ^ 王者・トヨタの背中は遠のくばかり… 韓国・現代自動車の病巣はかくも根深い イザ!、2016年1月11日
  15. ^ IONIQはプリウスキラーになれるか - 電動化 - 日経テクノロジーオンライン、2016年3月11日
  16. ^ ヒュンダイのハイブリッド車はトヨタを超えられない?=中国... Record China、2016年4月12日
  17. ^ “Who Else Besides Toyota Will The Hyundai Ioniq Threaten?”. HybridCars.com. (2016年2月1日). http://www.hybridcars.com/who-else-besides-toyota-will-the-hyundai-ioniq-threaten/ 2016年3月17日閲覧。 
  18. ^ 【D視点】クルマ業界の救世主?…ホンダ インサイトレスポンス、2009年5月10日
  19. ^ インサイト と プリウス が似てしまった理由レスポンス、2009年7月10日
  20. ^ ホンダ・インサイト L(FF/CVT)【試乗速報】WebCG、2009年2月24日

外部リンク[編集]