アイオナ・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイオナ・ブラウン(Iona Brown, 1941年1月7日 - 2004年6月5日)は、イギリス指揮者ヴァイオリン奏者[1][2]

ソールズベリーの出身。クランボーン・チェイス・スクールに通いながらヒュー・マグワイアにヴァイオリンの個人レッスンを受ける。また、国外にも留学してカルロ・ファン・ネステヘンリク・シェリングの指導を受けた。1963年から1966年までフィルハーモニア管弦楽団にヴァイオリン奏者として在籍する。1964年からアカデミー室内管弦楽団に参加し、1974年には同楽団のリーダー兼指揮者となった。1980年にアカデミー室内管弦楽団の座を退き、翌1981年から2001年までノルウェー室内管弦楽団の芸術監督を務めたが、その後もアカデミー室内管弦楽団とは良好な関係にあった。1986年にはロサンジェルス室内管弦楽団の音楽顧問になり、1988年から1992年まで同楽団の音楽監督を兼任した。その他、セントルイス交響楽団ワシントン・ナショナル交響楽団シュトゥットガルト室内管弦楽団バーミンガム市交響楽団にも指揮者として客演している。

生地にて癌のため死去した。

脚注[編集]