なんちゃって

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

なんちゃってとは、「ほんの冗談(でした)」という意味の俗語である。また「本物・本当ではない、模造(した)、偽物(の)」という意味の俗語でもあり、連体詞的にも使われる。特に前者の意味の場合、なーんちゃってともいう(「なあんちゃって」「なぁんちゃって」とも表記)。「……なんて言っちゃって」の変化した言葉。

1977年昭和52年)には、東京都の電車内で「なーんちゃって」と言って乗客たちの笑いを誘うといわれたなんちゃっておじさんラジオ番組などでブームとなったことや、堅固な表現への気恥ずかしさを表した言葉として、自分のことを他人事のようにはぐらかしたい当時の若者世代の気質にも合致したことで当時の流行語になり[1]、翌1978年(昭和53年)には健康器具「ルームランナー」の広告にも用いられた[1][2]

連体詞的用法の例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 稲垣吉彦ほか 『1億人の昭和史』16、毎日新聞社1980年NCID BN03768755
  2. ^ 竹本徳子 (2003年10月). “カタログ販売とゼロエミッション (PDF)”. UNITED NATION UNIVERSITY. p. 3. 2015年7月25日閲覧。