どうぶつ天国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
どうぶつ天国
ジャンル 動物ドキュメンタリー番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ
どうぶつ天国
放送時間 水曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1976年1月7日 - 1976年3月31日
ナレーター 中村メイコ
新どうぶつ天国
放送時間 水曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1977年1月12日 - 1977年3月30日
ナレーター 山田美也子
テンプレートを表示

どうぶつ天国』(どうぶつてんごく)は、1976年1月7日から同年3月31日までNET系列局(一部を除く)で放送されていたNETテレビ(現・テレビ朝日)製作の動物ドキュメンタリー番組である。その後も1977年1月12日から同年3月30日まで『新どうぶつ天国』(しんどうぶつてんごく)と題して放送されていた。放送時間は毎週水曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

どうぶつ天国[編集]

NETテレビは、1963年から中断を置きながら毎日放送製作の動物ドキュメンタリー番組『野生の王国』を放送してきたが、1975年4月のいわゆる腸捻転の解消によって同番組がTBS系列でのネットとなり、NET系列から動物ドキュメンタリー番組が無くなった。そこでNETテレビは自社製作の動物ドキュメンタリー番組を製作・放送しようと計画し[要出典]、折しも1975年12月にアニメ『宇宙の騎士テッカマン』が打ち切られたため、本番組を1976年春の改編までのつなぎ番組として放送することとなった[要出典]

番組は、世界の珍しい生物(主に哺乳類爬虫類)の生活をドキュメンタリーフィルムを使って紹介していた。この当時は中村メイコがナレーターを務めていた。ドキュメンタリー番組で女性がナレーションを担当するのは珍しかった[独自研究?]

新どうぶつ天国[編集]

番組の終了から半年後、水曜19:00枠の放送番組製作権はローカルセールスのままNETテレビに戻るも、同局はあえて新番組を置かず[要出典]、アニメ『もーれつア太郎』(第1作)を再放送。それが終了すると、本番組をつなぎ番組として復活させた[要出典]

ナレーターは『どうぶつ天国』時代の中村メイコに替わり、同じくNETテレビ製作のパンポロリンシリーズに出演していた山田美也子が務めていた。

参考文献[編集]

NETテレビ 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
宇宙の騎士テッカマン
(1975年7月2日 - 1975年12月24日)
どうぶつ天国
(1976年1月7日 - 1976年3月31日)
霊感ヤマカン第六感
(1976年4月 - 1976年9月)
【日曜17:00枠から移動】
もーれつア太郎(第1作) 再放送
新どうぶつ天国
(1977年1月12日 - 1977年3月30日)
笑え!ガンガン
(1977年4月6日 - 1977年6月29日)