てんびん座23番星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てんびん座23番星
23 Librae
星座 てんびん座
視等級 (V) 6.47[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 15h 13m 28.66706s[2]
赤緯 (Dec, δ) -25° 18′ 33.6468″[2]
視線速度 (Rv) 5.174 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: -399.92 ミリ秒/[2]
赤緯: -74.85 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 38.16 ± 0.60ミリ秒[2]
(誤差1.6%)
距離 85 ± 1 光年[注 1]
(26.2 ± 0.4 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.4[注 2]
物理的性質
半径 1.19 R[3]
質量 1.10 M[3]
表面重力 16 G[3][注 3]
自転速度 2.17 km/s[4]
スペクトル分類 G5 V[1]
光度 1.4 L[3]
表面温度 5,764 K[3]
色指数 (B-V) 0.691[1]
色指数 (V-I) 0.71[1]
金属量[Fe/H] 0.33(太陽比)[3]
年齢 4.5 +1.0
−2.0
×109[3]
別名称
別名称
CD-24 11928, GJ 579.4, HD 134987, HIP 74500, HR 5657, SAO 183275[2]
Template (ノート 解説) ■Project

てんびん座23番星(23 Librae、23 Lib)は、てんびん座にある恒星で、黄道付近にあるので、地球上のほとんどの場所から観測できる。視等級は6.47で、肉眼でみるには非常に暗い空が必要となる[1]。てんびん座23番星の周りには、2つの太陽系外惑星が発見されている[5]

特徴[編集]

大きさの比較
太陽 てんびん座23番星
太陽 Exoplanet


年周視差の測定から、てんびん座23番星は、地球から約86光年の距離に位置している[2]スペクトル型はG5 Vの典型的な黄色主系列星で、表面温度は約5,764Kと推定される[1][6][3]。年齢は、25-55億年と推定される[3]

てんびん座23番星は、太陽より質量で1割程度、半径でも2割程度大きい[3]金属量水素ヘリウム以外の元素の量)は太陽より高い[3]自転はゆっくりで、自転速度の下限は2.2km/sと見積もられている[4]

惑星系[編集]

1999年W・M・ケック天文台における視線速度法の観測によって、系外惑星てんびん座23番星bが発見された[7]2009年には、ケック天文台とアングロ・オーストラリアン天文台のデータを追加して、更に詳しく視線速度を分析したことで、第2の惑星てんびん座23番星cが発見されている[5]

スピッツァー宇宙望遠鏡を用いた研究では、てんびん座23番星には赤外超過が検出されず、恒星をが取り巻く残骸円盤英語版は存在しないとみられる[8]

てんびん座23番星の惑星[5]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b ≥ 1.59 ± 0.02 MJ 0.81 ± 0.02 258.19 ± 0.07 0.233 ± 0.002
c ≥ 0.82 ± 0.03 MJ 5.8 ± 0.5 5,000 ± 400 0.12 ± 0.02

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP Series, 1200, Noordwijk, Netherlands: ESA Publications Division, Bibcode1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  2. ^ a b c d e f g h 23 Lib -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2018年2月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k Ghezzi, L.; et al. (2010-09), “Stellar Parameters and Metallicities of Stars Hosting Jovian and Neptunian Mass Planets: A Possible Dependence of Planetary Mass on Metallicity”, Astrophysical Journal 720 (2): 1290-1302, Bibcode2010ApJ...720.1290G, doi:10.1088/0004-637X/720/2/1290 
  4. ^ a b Butler, R. P.; et al. (2006-07), “Catalog of Nearby Exoplanets”, Astrophysical Journal 646 (1): 505-522, Bibcode2006ApJ...646..505B, doi:10.1086/504701 
  5. ^ a b c Jones, Hugh R. A.; et al. (2010-04), “A long-period planet orbiting a nearby Sun-like star”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 403 (4): 1703-1713, arXiv:0912.2716, Bibcode2010MNRAS.403.1703J, doi:10.1111/j.1365-2966.2009.16232.x 
  6. ^ The Colour of Stars”. Australia Telescope National Faicility. 2018年2月23日閲覧。
  7. ^ Vogt, Steven S.; et al. (2000-06), “Six New Planets from the Keck Precision Velocity Survey”, Astrophysical Journal 536 (2): 902-914, arXiv:astro-ph/9911506, Bibcode2000ApJ...536..902V, doi:10.1086/308981 
  8. ^ Dodson-Robinson; Sarah E.; et al. (2011-01), “A Spitzer Infrared Spectrograph Study of Debris Disks Around Planet-host Stars”, Astronomical Journal 141 (1): 11, arXiv:1010.3292, Bibcode2011AJ....141...11D, doi:10.1088/0004-6256/141/1/11 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 15h 13m 28.66706s, −25° 18′ 33.6468″