つくば100キロウォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

つくば100キロウォーク(つくば100きろウォーク)は、筑波山周辺を歩く制限時間24時間以内のウォーク大会。

概要[編集]

・2009年まで群馬県桐生市で開催されていた『桐生100キロウォーク・桐生-足尾往復』の終了に伴い、新たにスタートした、つくば山麓を100キロ・24時間で歩くウォーク大会である。

・筑波山麓のつくば古道や、旧筑波鉄道筑波線跡にある『つくばりんりんロード』(茨城県道501号桜川土浦自転車道線)の往復を主にした、100kmを歩くウォーキング大会である。

・主催はつくば100キロウォーク実行委員会、後援はつくば市土浦市桜川市茨城新聞社。2010年5月に第1回を開催した。参加資格は13歳以上で自力歩行が可能な者。

沿革[編集]

  • 第1回 - 2010年5月29日・30日、参加者66名、完歩者47名(完歩率71.21%)
  • 第2回 - 2011年5月28日・29日、参加者310名、完歩者156名(完歩率50.32%)
  • 第3回 - 2012年5月26日・27日、参加者477名、完歩者268名(完歩率56.18%)
  • 第4回 - 2013年5月25日・26日、参加者505名、完歩者291名(完歩率57.6%)
  • 第5回 - 2014年5月24日・25日、参加者419名、完歩者249名(完歩率59.4%)

コース[編集]

※2012年大会

10km毎にエイドステーション・関門(制限時間)がある。

アクセス[編集]

公共交通機関の利用が奨励されている。

【公共交通機関利用】

つくばエクスプレスつくば駅下車が便利で、バスで筑波山口バスターミナルへ。

つくば駅下妻駅土浦駅下車、バスで筑波山口バスターミナルへ。

【マイカー利用】

北関東自動車道桜川筑西IC・常磐自動車道桜土浦IC・土浦北ICを利用する。

外部リンク[編集]