すべてはその朝始まった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すべてはその朝始まった
Derailed
監督 ミカエル・ハフストローム
脚本 スチュアート・ビーティー
原作 ジェームズ・シーゲル
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
製作総指揮 ジョナサン・ゴードン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 クライヴ・オーウェン
ジェニファー・アニストン
ヴァンサン・カッセル
音楽 エド・シェアマー
撮影 ピーター・ビジウ
編集 ピーター・ボイル
製作会社 ミラマックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年11月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $36,024,076[1]
世界の旗 $57,479,076[1]
テンプレートを表示

すべてはその朝始まった』(原題:Derailed)は、2005年制作のアメリカ合衆国スリラー映画ミカエル・ハフストローム監督。出演はクライヴ・オーウェンジェニファー・アニストンヴァンサン・カッセルら。日本では劇場未公開。

あらすじ[編集]

妻と娘と幸せな日々を送るごく普通のビジネスマンのチャールズはある日、通勤電車の中で大手金融会社の投資アドバイザーをしているルシンダという美しい女性と偶然知り合う。彼女にも愛する夫と娘がいた。

2人は通勤電車の中で会話を重ねるうちに次第に打ち解け、親密になっていく。そして、はやる情愛を押さえ切れなくなった2人は場末のホテルへ向かい、ついに一夜を共にすることに。

するとその情事のさなか、1人の男が銃を持って押し入って来た。2人の秘密を知ったその男ラロシュはチャールズを恐喝、それは次第にエスカレートしていく。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Derailed”. Box Office Mojo. 2019年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]