すばらしい日本の戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

すばらしい日本の戦争』(すばらしいにほんのせんそう)は、高橋源一郎の小説。第24回群像新人文学賞(1981年4月発表)の最終候補作3編のうちの1作に選ばれるも落選した。

ジョン・レノン対火星人』(『野性時代』1983年10月号掲載)の原型となった作品である。また、本作のタイトルは『ジョン・レノン対火星人』の最重要登場人物の名前でもある。

選考過程[編集]

第24回群像新人文学賞の最終候補作には、笙野頼子の「極楽」、森辰寛の「夏の日」、高橋の「すばらしい日本の戦争」の3編が選ばれた。最終選考の選考委員は川村二郎木下順二瀬戸内晴美田久保英夫藤枝静男の5名。瀬戸内だけが強く推し、他の委員からは酷評を受けたため受賞には至らなかった。

『すばらしい日本の戦争』という人物[編集]

「花キャベツカントリー党」のリーダー。「花キャベツカントリー殺人事件」を起こす。この事件により東京拘置所の東2舎2階23房に8年間拘置されていた。なおこの部屋には「ジョン・レノン対火星人」の語り手の「わたし」も拘置されていて、「わたし」が保釈された翌日に「すばらしい日本の戦争」がその部屋に拘置されている。かつて詩人だった。詩集を1冊出したような気がするらしい(本人談)。作品の最後では、遺躰となって火葬場に入っている。自殺したと思われる。

性格[編集]

特徴[編集]

  • 頭の中に死躰が住み着いている。時々深淵が彼を死躰として追撃してくる。それがどんどん頻繁になってくる。
  • 気ちがいのまねをしている。

身体に関する表現で差別的・差別を助長しかねない内容のものがあるが、時代背景を考え、また、作品の著者に差別の意図がないことからそのままにしてある。

関連項目[編集]