ごーるでん おきなわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごーるでん おきなわ
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 琉球海運(1972-1991)
長崎上海国際フェリー(1995-1998)
ガーバン・ラインズ英語版(2008-)
運用者 琉球海運(1972-1990)
福岡国際フェリー(1990-1991)
長崎上海国際フェリー(1996-1997)
ガーバン・ラインズ英語版(2008-)
建造所 尾道造船
IMO番号 7233383
改名 ごーるでん おきなわ(1972-1991)
天仁(1991-1995)
NAGASAKI SHANGHAI(1995-1998)
ORIENT STAR II(1998-2004)
SEWON 1(2004-2006)
C.QINGDAO(2006-2008)
CAGAYAN BAY 1(2008-)
経歴
起工 1971年
進水 1971年
竣工 1972年12月
就航 1972年12月
運航終了 1991年8月
要目
総トン数 6,820 トン
全長 126.0 m
22.0 m
深さ 13.2 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
出力 15,200 PS
航海速力 20.2ノット
旅客定員 619名
テンプレートを表示

ごーるでん おきなわは、琉球海運が運航していたRORO貨客船

概要[編集]

琉球海運のRORO貨客船の第一船として尾道造船で建造され、1972年12月に大阪 - 那覇航路に就航した。

沖縄海洋博覧会の会場輸送に向けて本船、だいやもんど おきなわえめらるど おきなわと旅客を重視した新船が相次いで投入されたが、海洋博の来場者数は伸び悩み、航路の利用客数も予測を下回った。海洋博終了後は航路需要に見合わない船型となり、過大投資が1976年10月12日の会社更生法の適用申請につながった。

1990年、琉球海運傘下の福岡国際フェリーに用船され、博多 - 麗水航路に就航したが、1991年8月に航路廃止となった。

その後、韓国に売却され、天仁として就航した。

1995年長崎上海国際フェリーに売却され、NAGASAKI SHANGHAI(長崎上海号)と改名、カジノを設置するなど約20億円かけて大規模改装を行った後、1996年3月14日に長崎 - 上海航路に就航したが、1997年1月に航路休止となり、係船された。

1998年、再び韓国に売却され、ORIENT STAR IIとして就航した。その後、2004年に船名をSEWON 1に変更、2006年C.QINGDAOに変更した。

2008年フィリピンガーバン・ラインズ英語版へ売却され、CAGAYAN BAY 1として就航した。

就航航路[編集]

長崎上海国際フェリー
週1便、航海時間26時間。1994年から就航していた貨客船海華の代船として就航。

設計[編集]

旅客設備が充実しており、羅針儀甲板にはプール、スカイラウンジが設けられていた。

その後、琉球海運での就航期間中に船楼甲板の2等船室を乗用車搭載区画に変更、スカイラウンジを撤去するなど改造を受けた。 1995年末には船内にカジノを設置するなど、約20億円かけた大規模改装が行われた。

船内[編集]

船室[編集]

  • 一等室
  • 二等室

設備[編集]

パブリックスペース

  • エントランス
  • 案内所
  • スカイラウンジ

供食・物販設備

  • レストラン
  • 売店

入浴設備

  • シャワー室

娯楽設備

  • プール

事故・インシデント[編集]

貨物船との衝突[編集]

1983年8月23日、18時6分ごろ、鹿児島港から那覇港へ向かう本船は、鹿児島港を出港する際、鹿児島新港南防波堤灯台の北方約100メートルの地点で、同じく出港しようとしていた貨物船第十優昭丸と衝突した。本船の左舷船首が優昭丸の右舷船尾に後方から約30度の角度で衝突、本船は左舷船首の外板に小破口を伴う凹損を生じた。第十優昭丸は右舷船尾の甲板に凹損を生じたほか、付近のブルワークを曲損した。事故原因は、接岸中の船舶が多く慎重な操船を要する鹿児島新港を出航する際、第十優昭丸が見張り不十分で接近する他船に気付くのが遅れ、他船を視認した後も増速進行したためとされたが、本船が動静監視不十分で、他船の動静を憶断し出航を急いだことも一因とされた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 門司地方海難審判庁 (1985-07-02). 昭和59年門審第95号 旅客船ごーるでんおきなわ貨物船第十優昭丸衝突事件 (Report). 海難審判・船舶事故調査協会. 

外部リンク[編集]