ゴッコ汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごっこ汁から転送)
Jump to navigation Jump to search

ゴッコ汁(ゴッコじる)は、主に北海道で収獲される魚、ゴッコ(ホテイウオ)を使用した鍋料理。北海道の郷土料理として親しまれている。

味噌仕立てのゴッコ汁。具にキャベツジャガイモを使用

概要[編集]

北海道の渡島半島道南地方)の漁師・家庭でよく食される、家庭料理である。ゴッコについては、後述

調理[編集]

内臓を取ったゴッコを一度湯通しして、表面のぬめりと薄皮を取り除いてからぶつ切りにする。メスは、を具材にする。昆布のだし汁に醤油を加え、豆腐長ネギえのき大根、生海苔などを入れて煮る。ゴッコの身から水分が出るため、野菜は少なめに、味付けは濃い目にするとよい。ゼラチン層が厚いため、人によっては好みが分かれる。なお、吸盤は食べられないと記したレシピも多いが、実際には吸盤も他の部位と同じように食べられる。骨は非常に柔らかく食べることが可能で、ゴッコ汁調理の際、捨てる部分は僅かな内臓だけである。卵を持っているメスの方が高価で、オスの倍程度の値段で取引されることが普通である。家庭によっては、味噌味に仕立てたり、ジャガイモワカメを加えることもある。

ゴッコ[編集]

ホテイウオ Aptocyclus ventricosus (ホテイウオ属)。北海道では「ゴッコ」。

ゴッコカサゴダンゴウオ科ホテイウオ)は、一見フグのような膨らんだ魚で体長は20cm〜30cmほど。身は白身で淡白な肉で表面に厚いゼラチン層がある。海の底に住む腹部に吸盤をもっている。

深海魚のため普段は目にする機会が少ないが、冬場になると産卵のため沿岸の岩場まで寄ってくる。2月の漁獲量が多い[1]

イベント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゴッコの季節、恵山で漁始まる函館新聞電子版(2018年1月18日)2018年1月20日閲覧
  2. ^ 第28回恵山ごっこまつり(2018年2月) 函館市ホームページ 2018年1月20日閲覧

外部リンク[編集]