けんすう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

けんすう[1][2]として知られる古川 健介(ふるかわ けんすけ、1981年[3]6月2日[4] - )は、日本実業家、ハウツーサイトnanapiの運営会社元社長[5]、共同創業者(当時の社名は「ロケットスタート」)[6]。nanapiの事業を継承したSupership元取締役[5]。掲示板サイトしたらばを運営した会社メディアクリップの元社長[7]

「古川健介」は本名[8]

経歴[編集]

ネットで出会った西村博之と共に1990年代からネットコミュニティに関する活動をした[9]。ベンチャーキャピタリスト佐俣アンリを中心とする若手経営者の集まり(「マフィア」)の一人[10]

大学受験浪人当時[7]、2001年に大学受験情報の匿名掲示板「ミルクカフェ」を開設[11][3]。大学時代にしたらばや劇団ブサイコロジカル。に関わった[11]

大学在学中の2004年にしたらばを運営する会社メディアクリップの社長に就任、同事業を2005年にライブドアに売却[7]早稲田大学卒業[12][13]

大学卒業後、2006年にリクルートに入社[3][4]。同社在職中の2007年に起業[3]。2009年にリクルートを退職[14]

2015年度早稲田大学『起業家養成講座II』講師[15]

ダイヤモンド社ハーバード・ビジネス・レビュー2016年11月号の「U-40経営者20人」の1人に選ばれた[16]

出典[編集]

  1. ^ Takeshi Hirano (2014年10月16日). “評価額は約77億円、nanapiがKDDIの子会社となり「けんすう」は次の答えを求めて旅に出る”. THE BRIDGE. 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ YUTO MIYAMOTO (2015年1月20日9時50分). “デヴァイスがつくりだす「日本的」イノヴェイション:nanapi古川健介×ThinkPad”. WIRED. 2018年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d nanapi代表取締役・古川健介 「インターネットを通じて、情報を提供し、人々の生活を変えていく」”. 現代ビジネス. p. 1/3 (2014年1月5日). 2018年2月7日閲覧。全文閲覧には会員登録必要。
  4. ^ a b イノベーション・エンジン~未来を創るイノベーター~ 第2回(12/17)参加者募集中!”. アカデミーヒルズ (2014年11月25日). 2018年2月7日閲覧。
  5. ^ a b 古川健介”. Supership Recruit. 2018年2月7日閲覧。
  6. ^ Willis Wee (2014年4月14日). “Meet Kensuke Furukawa, the serial entrepreneur who founded Japan’s hottest lifehacking site” (英語). Tech in Asia. 2018年2月7日閲覧。
  7. ^ a b c 遠藤淳 (2013年7月15日). “ナナピ社長古川健介氏 ひょうひょうと連続起業”. 日経産業新聞: p. 5 
  8. ^ 第五十九景:デスクトップは何もなし。ネット上のデータに頼る生活 古川健介(けんすう)
  9. ^ 古川健介 2010, p. 186.
  10. ^ TOMONARI COTANI (2013年3月11日9時55分). “秘密の会合に潜入!? 日本を再起動させる10人の“マフィア””. WIRED. 2018年2月7日閲覧。
  11. ^ a b 『実践Web2.0Book: 人気ブロガー直伝!一歩先行くWeb2.0的ワーキングスタイル』奥付、2007年、ISBN-4844324187。
  12. ^ 学生時代は“プロセスを楽しむ”ことに熱中しよう! -株式会社nanapi代表取締役 古川 健介”. 早稲田ウィークリー (2015年4月1日). 2018年2月7日閲覧。
  13. ^ TOMONARI COTANI (2013年6月5日15時0分). “この10人のイマジネーションが、日本に変革をもたらす:VOL.6_古川健介”. WIRED. 2018年2月7日閲覧。
  14. ^ アドバイザー | KDDI ∞ Labo KDDI
  15. ^ 2015年度 早稲田大学 商学部 提携講座『起業家養成講座II』 (PDF)”. 早稲田大学. 2018年2月8日閲覧。
  16. ^ 次代を拓く20人のリーダーを選出 U-40経営者20人 ハーバード・ビジネス・レビュー 2016年11月号

外部リンク[編集]