かんなみ新地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かんなみ新地(かんなみしんち)は兵庫県尼崎市神田南通にあるちょんの間が複数ある場所。三和本通商店街に隣接している。飲食店の形態をとりながら、実態は女性従業員による性的サービスを提供していることで知られる。 31店舗が営業していたが、令和3年11月1日、尼崎市と尼崎南署による風営法に基づく警告を受け、同日一斉閉店した。 その後16日、17日にはほぼ全店が布団や冷蔵庫などの備品を一斉に粗大ごみとして廃棄し、かんなみ新地組合も23日までに解散したことにより、第二次世界大戦終結後70年間に渡るかんなみ新地の歴史に幕を閉じた。尚、一部の店舗は健全な飲食店として営業を続ける[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]