おかしなおかしな石器人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかしなおかしな石器人
Caveman
監督 カール・ゴットリーブ
脚本 カール・ゴットリーブ
ルディ・デルカ
製作 ローレンス・ターマン
デヴィッド・フォスター
出演者 リンゴ・スター
音楽 ラロ・シフリン
撮影 アラン・ヒューム
編集 ジーン・ファウラー・ジュニア
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年4月17日
日本の旗 1981年10月10日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

おかしなおかしな石器人』(おかしなおかしなせっきじん、Caveman)は、1981年ユナイテッド・アーティスツが製作した特撮コメディ映画である。原始的な人類と恐竜や古生物が共存する架空世界を舞台に、前傾姿勢から直立姿勢への進化、火の発見、音楽の創造、武器の発明をコミカルに描いている。主演は元ビートルズドラム担当であるリンゴ・スターが務める。

作中に登場する、飛び出した眼を持ち、鼻先に角を生やした大トカゲは、脚本家の想定ではトリケラトプスであった。しかし脚本家はトリケラトプスという名前を知らなかったため、脚本に「角トカゲ」と記した。これを文字通りに受け取ってモデル製作を行った結果、あのユーモラスなクリーチャーが誕生した。

ちなみに、吹き替え版では台詞が大幅に追加されている。

ストーリー[編集]

主人公のアトゥークは、彼をいじめていた族長・トンダの妻・ラナに手を出そうとしたことがバレたため、部族を追放される。なんとか生き抜く中で、同様に追放された友人・ラーやアトゥークを慕う女性・タラなど、多くの仲間を集めた彼は、直立姿勢や火など様々なものを発見した、しかし、彼とその仲間と族長トンダが率いる部族が衝突した際に、火や直立姿勢のことを知られてしまい、それを真似されてしまう。その後武器を発明したアトゥークらは、再び集落へ舞い戻り族長トンダに挑む。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[1]

スタッフ[編集]

  • 監督:カール・ゴットリーブ
  • 製作:ローレンス・ターマン、デヴィッド・フォスター
  • 脚本:カール・ゴットリーブ、ルディ・デルカ
  • 撮影:アラン・ヒューム
  • 編集:ジーン・ファウラー・ジュニア
  • 音楽:ラロ・シフリン
  • プロダクションデザイン:フィリップ・M・ジェフリーズ
  • 恐竜&特殊効果デザイナー:ジム・ダンフォース
  • 視覚効果スーパーバイザー:デイヴ・アレン
  • 特殊効果スーパーバイザー:ロイ・アルボガスト

脚注[編集]

  1. ^ 初放送1984年7月21日 フジテレビゴールデン洋画劇場』 ※DVD収録。

外部リンク[編集]