おうし座オミクロン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おうし座ο星
Omicron Tauri
星座 おうし座
視等級 (V) 3.600[1]
3.57 - 3.62(変光)[2]
分類 連星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 03h 24m 48.79796s[1]
赤緯 (Dec, δ) +09° 01′ 43.9489″[1]
赤方偏移 -0.000081[1]
視線速度 (Rv) -24.40 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -67.04 ミリ秒/[1]
赤緯: -78.04 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 11.21 ± 0.87 ミリ秒[1]
距離 290.82 ± 22.56 光年[注 1]
(89.21 ± 6.92 パーセク[注 1])
絶対等級 (MV) -0.45 ± 0.18[3]
Taurus constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
ο星の位置
物理的性質
半径 15.1 ± 1.2 R[3]
質量 3.01 ± 0.14 M[3]
表面重力 2.52 ± 0.06 (log g)[3]
自転速度 25 ± 2 km/s[4]
自転周期 533 [5]
スペクトル分類 G6III[1]
光度 155 L[6]
表面温度 5,180 K[3]
色指数 (B-V) -0.145 ± 0.006[4]
色指数 (U-B) -0.768 ± 0.005[4]
金属量[Fe/H] -0.12[3]
年齢 3億8000万 ± 5000万年[3]
別名称
別名称
おうし座1番星[1]
BD+08 511[1]
HD 21120[1]
HIP 15900[1]
HR 1030[1]
SAO 111172[1]
NSV 1134[1]
2MASS J03244879+0901437[1]
Template (ノート 解説) ■Project

おうし座ο星(おうしざオミクロンせい、英語: ο Tauri)は、おうし座にある恒星である。おうし座ο星は、黄色のG型巨星で、視等級は3.6等ある。この恒星の質量は太陽の3倍、半径は15倍である[3]干渉法で測定した後者の値に基づくと、自転周期は533日である[5]。地球からは約212光年離れており、太陽の155倍の光度を持つ[6]

おうし座ο星は連星であり、2つの恒星は、0.263の軌道離心率で、1,655日間の周期で互いの周りを公転している[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Result for omi Tau. 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ GCVS”. Result for HD 21120. 2017年3月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h da Silva, L. et al. (November 2006), “Basic physical parameters of a selected sample of evolved stars”, Astronomy and Astrophysics 458 (2): 609-623, arXiv:astro-ph/0608160, Bibcode 2006A&A...458..609D, doi:10.1051/0004-6361:20065105 
  4. ^ a b c Nieva, M.-F. (February 2013), “Temperature, gravity, and bolometric correction scales for non-supergiant OB stars”, Astronomy & Astrophysics 550: A26, arXiv:1212.0928, Bibcode 2013A&A...550A..26N, doi:10.1051/0004-6361/201219677. 
  5. ^ a b Setiawan, J. et al. (July 2004), “Precise radial velocity measurements of G and K giants. Multiple systems and variability trend along the Red Giant Branch”, Astronomy and Astrophysics 421: 241-254, Bibcode 2004A&A...421..241S, doi:10.1051/0004-6361:20041042-1 
  6. ^ a b Mallik, Sushma V. (December 1999), “Lithium abundance and mass”, Astronomy and Astrophysics 352: 495-507, Bibcode 1999A&A...352..495M 
  7. ^ Jackson, E. S.; Shane, W. W.; Lynds, Beverly T. (May 1957), “The Orbits of the Spectroscopic Binaries Omicron Tauri, Xi Cancri, and Mu Ursae Majories”, Astrophysical Journal 125: 712, Bibcode 1957ApJ...125..712J, doi:10.1086/146345