あやとり橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あやとりはし
AyatoriHashi 2018.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 石川県加賀市山中温泉河鹿町
交差物件 大聖寺川鶴仙渓
建設 1991年[1]
座標 座標: 北緯36度14分43秒 東経136度22分33秒 / 北緯36.24528度 東経136.37583度 / 36.24528; 136.37583
構造諸元
形式 トラス橋
材料
全長 94.7 m[1]
1.5 m[1]
最大支間長 66.9 m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
橋上

あやとり橋(あやとりはし)は、石川県加賀市山中温泉大聖寺川にかかる橋(人道橋)である。あやとり橋と記載されることが多いが、正式名称はあやとりはしである[2]

構造[編集]

鋼鉄製単純曲線三弦トラス[3]、逆三角形でその下部に木の橋床と金属の手摺(てすり)を設けた構造。 長さ94.7 m、橋床幅1.5 m、右岸側と左岸側との高低差は5.0 mである[1]

概要[編集]

山中温泉にあり、いけばな草月流三代目家元・勅使河原宏のデザインによるワインレッド色のペンキ一色に塗られた湾曲した徒歩専用の橋であり上空から見るとユニークな形状(S字型)をした鉄骨の橋。橋のデザインのコンセプトは「鶴仙渓を活ける」と言われる。

大聖寺川、鶴仙渓の上流のこおろぎ橋と下流の黒谷橋のほぼ中間に位置する。街から東岸の桜公園や鶴仙渓へと渡る観光客の散歩コースとなっている。

文字通り糸遊びの綾取りに似せており、両岸が両手となる構造となっている。

1991年の竣工式には勅使河原宏監督の映画に出演して交流があった女優宮沢りえも臨んだ。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e あやとりはし”. 金沢計画研究所. 2018年2月10日閲覧。
  2. ^ 『山中町観光スポット あやとりはし - 石川県公式サイト』オリジナル2016年3月4日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20160304091401/http://shofu.pref.ishikawa.jp/shofu/yamanaka/sanchi/meisho2.html 
  3. ^ 川田が手掛けた吊形式人道橋 (PDF)”. 川田工業. p. 85. 2018年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]