あべりょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あべ りょうは、自称、日本男性シンガーソングライター。だが、嫉妬ダウンプリーズには女性の声も入っているため、男女混合のシンガーソングライターだ。本名非公開。正体不明のアーティストとしてマスメディアに取り上げられている[1][2]政治や世界情勢などについての歌詞を特徴とする楽曲を多数発表している[2]

概要[編集]

  • 2017年11月、2017年6月に公開された「SPACE STATION」が、YouTubeで1,000万回再生を超えた。また、同年5月に公開された「核攻撃サバイバー」は2,000万回以上の再生を記録した。
  • 2018年2月13日、「核攻撃サバイバー」が、第一興商の通信カラオケDAMにて配信された[3]
  • 2018年3月13日、「SPACE STATION」が、第一興商の通信カラオケDAMにて配信された[3]
  • 2018年8月08日、音楽配信のSpotifyにて、「Snow Man」や「マッチ売りの美少女」他、7アルバムが配信開始された。
  • 有線放送の『週間 USEN HIT J-POPランキング (2020年5月20日 発表)』で、「キミが0歳だった頃」が3位にランクインする [4]
  • 2021年に有線放送の『週刊 USEN HIT J-POPランキング』で「駐輪禁止ですよ」が9位にランクインするhttp://music.usen.com/usencms/search_songlist2.php?npband=A&npch=26
  • 地下室氷河期委員会室のグランドマスター。地下室氷河期委員会は地下氷と略されることもあるhttps://chikahyou.com/

議論[編集]

YouTubeで配信されている「スカイダイビング中のインストラクターの裏切り」は、子どもの性的虐待を歌う曲であり、同曲の動画広告に批判が殺到した[5]。また、「正義のYouTube広告」は、子どものいじめの防止を歌う曲であり、この動画の持つ発信力について議論が巻き起こった[6]

ディスコグラフィ[編集]

配信シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 2010年11月1日 ピエロ
2nd 2012年2月15日 東京ベクレライ
3rd 2012年4月11日 コスプレコンプレックス
4th 2012年8月1日 AK-47
5th 2012年6月6日 神がかりっしゅ
6th 2012年7月25日 物体SEX
7th 2012年8月22日 時速10万kmの円周率
8th 2012年8月22日 幸せの定義
9th 2012年10月17日 青年海外協力隊の唄
10th 2012年11月28日 一夫多妻宣言
11th 2012年12月26日 東京ジルコニウム
12th 2013年2月6日 明日も歩くよ
13th 2013年10月9日 市場を歩こう

アルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲
1st 2011年1月26日 曲芸飛行時代
2nd 2011年11月23日 右を向け
3rd Mini 2012年9月5日 泣きたくなるような宇宙の下
4th 2013年1月16日 無能者掃討作戦
5th 2013年3月27日 東京太陽系SHOW
6th 2013年10月30日 マッチ売りの美少女は
7th 2014年4月23日 尖閣、世界遺産へ
8th 2015年9月30日 Snow Man

タイアップ[編集]

  • ピエロ ‐ TBS「あいまいナ!」(2011年)エンディングテーマ
  • ユーサ ‐ テレビ朝日「ちい散歩」(2011年1月4日 - 3月31日)エンディングテーマ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]