あすか信用組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あすか信用組合
Asuka Credit Cooperative
Asuka Credit Cooperative Head Office 2012-01-30.JPG
あすか信用組合本店(2012年1月)
種類 信用協同組合
本店所在地 日本の旗 日本
160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-32-9
設立 1966年(昭和41年)8月
業種 金融業
法人番号 5011105001893 ウィキデータを編集
金融機関コード 2060
代表者 金 哲也(理事長)
資本金 64億8,445万1,000円(出資金)
経常利益 13億4,010万7,000円
純利益 8億6,280万6,000円
純資産 197億748万3,000円
総資産 3,149億3,636万9,000円
従業員数 219名
支店舗数 16店舗(本支店)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
外部リンク あすか信用組合
特記事項:2019年3月31日現在
テンプレートを表示
あすか信用組合のデータ
法人番号 5011105001893 ウィキデータを編集
貸出金残高 2,115億645万7,000円
預金残高 2,634億9,738万8,000円
特記事項:
2019年3月31日現在
テンプレートを表示

あすか信用組合(あすかしんようくみあい)は、東京都新宿区に本店を置く在日韓国人系の信用組合である商銀信用組合

沿革[編集]

  • 1966年(昭和41年)
    • 8月 仙台市に本店をおく在日韓国人の相互扶助を目的とした地域信用組合として設立、名称を信用組合宮城商銀とする。
    • 9月 仙台市青葉区二日町に本店を開設、業務開始。
  • 1969年(昭和44年)3月 仙台市青葉区本町に本店移転。
  • 1997年(平成9年)7月 同所に本店を新築、営業開始。
  • 1999年(平成11年)3月 旧北海商銀信用組合の事業を譲受し、札幌本店・旭川支店・釧路支店を継承し、支店として営業開始。同時に名称を信用組合北東商銀に改称。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月 旧東京商銀信用組合の事業を譲受し、東京・埼玉地区10店舗を継承。名称をあすか信用組合に改称。
    • 7月 青森商銀、秋田商銀、岩手商銀、福島商銀と合併し5店舗を継承。併せて、商銀系、信組が空白となっている山形県も定款上の営業エリアに加える(店舗は未進出)。
  • 2004年(平成16年)4月 本店所在地を宮城県仙台市から東京都新宿区へ移転。
  • 2017年(平成29年)12月 財務基盤を強化し、地域の中小規模事業者等への十分な資金供給と経営改善支援に勤め、地域経済の活性化に貢献する事を目的とする『中小事業者等に対する金融機能強化支援制度』の認可を受け、優先出資を発行する[1][2]
  • 2019年(平成31年)2月12日 秋田支店所在地を秋田市中通六丁目から同一丁目の秋田銀行旧中通り支店跡地へ移転。

脚注[編集]

  1. ^ “公的資金100億円3信組に注入発表 金融庁”. 日本経済新聞. (2017年11月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23803490S7A121C1EE9000/ 2017年12月28日閲覧。 
  2. ^ “優先出資の発行による財務基盤の強化について” (プレスリリース), あすか信用組合, (2017年11月22日), http://www.asuka-c.jp/info/20171122_investment.pdf 2017年12月28日閲覧。 

参考文献・出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]