ΑΩ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ΑΩ(アルファオメガ)は、新約聖書に現れる語句である。厳密に言えば聖書にこの形では現れてはいないが、しばしば「ΑΩ」もしくは、「アルファとオメガ」に相当する各国語(たとえば、ラテン語: Alpha et Omega英語: Alpha and Omega)として言及される。

典拠[編集]

新約聖書の「ヨハネの黙示録」(verses 1:8, 21:6, and 22:13) に、の言葉「私はアルファであり、オメガである」[1]コイネーギリシャ語: τὸ α καὶ τὸ ω; 英語: I am the Alpha and the Omega)として現れる。なお、21:6 と 22:13 ではこのフレーズの後に「最初であり、最後である」と続く。

意味[編集]

ギリシャ文字の最初の文字Α(アルファ)と、最後の文字Ω(オメガ)が並べられており、最初と最後、すなわち、「全て」「永遠」という意味を持つ。

同じ意味で、「A to Z」「A-Z」「AZ」などと、表記されることがある。

出典[編集]

  1. ^ 新改訳聖書刊行会 訳『新改訳聖書

関連項目[編集]