SLV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SLV
SLV.svg
人工衛星打ち上げロケット
基本データ
運用国 インドの旗 インド
開発者 ISRO
使用期間 1979年8月10日 - 1983年4月17日
射場 シュリーハリコータ
打ち上げ数 4回(成功2回)
発展型 ASLV / PSLV
物理的特徴
段数 4段
総質量 17 トン
全長 22 m
直径 1 m
軌道投入能力
低軌道 40 kg
400 km
脚注
ロヒニ衛星を打ち上げ。
テンプレートを表示

SLV (英語: Satellite Launch Vehicle, ヒンディー語: उपग्रह प्रक्षेपण यान) は、インド初の人工衛星打ち上げロケットである。

概要[編集]

計画は1970年代初頭に人工衛星打ち上げロケットを開発するためにインド宇宙研究機関が設立された事に遡る。計画のリーダーはアブドゥル・カラーム博士である。

SLVは高度400 kmに到達し、ペイロードは40 kgだった。SLVは4段式で全て固体燃料ロケットである。最初の打ち上げは1979年8月10日ベンガル湾に面したシュリーハリコータから打ち上げられた。

最後の打ち上げは1983年4月17日で、SLVは後継機であるASLVの元になった。インドはこのロケットの開発、打ち上げによって人材を育成し、宇宙開発の経験を積んだ。当時、工業水準が低く、製造業の裾野の狭いインドにおいて国産ロケットの開発は容易な事ではなかった。

各段の詳細[編集]

第1 段
エンジン 固体燃料ロケット 1基
推力 502.6 kN
比推力 253 秒
燃焼時間 49 秒
燃料 固体燃料
第2 段
エンジン 固体燃料ロケット 1基
推力 267 kN
比推力 267 秒
燃焼時間 40 秒
燃料 固体燃料
第3 段
エンジン 固体燃料ロケット 1基
推力 90.7 kN
比推力 277 秒
燃焼時間 45 秒
燃料 固体燃料
第4 段
エンジン 固体燃料ロケット 1基
推力 26.83 kN
比推力 283 秒
燃焼時間 33 秒
燃料 固体燃料

打ち上げ記録[編集]

バージョン 打ち上げ日 射場 ペイロード 結果
3 E1 1979年8月10日 シュリーハリコータ Rohini-1A
技術試験 30 kg
失敗。弁が故障して軌道を外れてベンガル湾に墜落 (打ち上げ317秒後)。開発飛行。
3 E2 1980年7月18日 シュリーハリコータ Rohini-1B RS-1
技術試験 35 Kg
成功。開発飛行。
3 D3 1981年5月31日 シュリーハリコータ Rohini D-1 RS-1
技術試験 38 kg
部分的失敗。高度が十分でなく人工衛星は9日間だけ周回した。開発飛行。
3 D4 1983年4月17日 シュリーハリコータ Rohini D-2 RS-1
技術試験 41.5 kg
成功。開発飛行。

出典・参考文献[編集]

関連項目[編集]