S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S.T.A.L.K.E.R.
Call of Pripyat
ジャンル FPS+RPG
対応機種 PC
開発元 GSC GAME WORLD
発売元 ウクライナの旗GSC GAME WORLD
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗bitComposer Games
日本の旗イーフロンティア
全世界(ダウンロード) bitComposer Games(Steam)
バージョン 1.6.02
人数 1人(ネットワーク対戦は最大32人)
メディア DVD-ROM
発売日 独立国家共同体の旗2009年10月2日
アメリカ合衆国の旗2010年2月2日
欧州連合の旗2010年2月5日
日本の旗2010年2月19日(日本語マニュアル付英語版
全世界(ダウンロード) 2010年2月12日
対象年齢 ESRB : Mature (M)
PEGI : 16
エンジン X-Rayエンジン V1.6
テンプレートを表示

S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat(ストーカー コール オブ プリピャチ)とはウクライナGSC Game Worldが開発したFPSである。通称CoP。

概要[編集]

S.T.A.L.K.E.R.シリーズの第3作。ゲーム内の時系列では第1作「S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL」の直後という設定となっている。

MAPは全面的に作り直されており、総MAP数は減少したもののそれぞれが非常に大きくなった。 モデルとなっている場所はやはりチェルノブイリ原発付近の地域と思われ、実在する建造物が多数登場している。Yanov駅やJupiter plantはgoogle mapで確認できる。

ゲームシステムにも細部の手直しが行われている。 +スーツは一体式の物だけでなく頭部と胴部が別扱いとなった。

  • 武器にプライマリ・セカンダリの区別が無くなり好みの銃器を2つ装備できるようになった。
  • 回復アイテムを使用しても瞬時に効果は発揮されず、一定時間の間徐々に回復するようになった。
  • 武器に装着するスコープが複数登場し、交換できるようになった。
  • アイテムスロットが追加され、最大4種類まで登録できる。
  • 重量制限は健在だが、それらを緩和する手段がいくつか存在している
  • 二種類の新型ミュータントが登場する

など

ストーリー[編集]

「S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL」(SoC)終盤、チェルノブイリ原子力発電所を含む「ゾーン」中心部への道を阻んでいた洗脳電波発信装置「ブレイン・スコーチャー」は、(SoC主人公)Marked Oneによって発信を停止した。

これによって多くのStalkerたちがゾーン中心部に押し寄せていった。ある者は「アーティファクト」と呼ばれる希少鉱物を求めに。ある者は「Monolith」と呼ばれる”すべての願いを叶える物”を目指して。

事態を重視した大統領直属機関「国家安全保障・国防会議」は、軍に対し、かねてから立案されていた発電所確保作戦「Fairway」の即時実行を命じた。だが念入りな準備にもかかわらず作戦は失敗に終わり、作戦に投入された5個のヘリボーン部隊「Stingray」は全機未帰還となってしまった。

国家安全保障・国防会議は、保安庁の特務士官で腕利きのストーカーでもあるアレクサンダー ・デグチャレフ少佐(=プレイヤー)をゾーンに送り込み、作戦失敗の原因究明を命じた。

キャラクター[編集]

  • Alexander Degtyarev
    本作主人公。既存作品の主人公とは異なり、Militaryとは友好的な関係にあり、Banditsからも攻撃される事は無い。
  • Strelok
    伝説のStalkerと噂される人物。チェルノブイリ発電所跡においてMonolithやゾーンの正体を目撃している。
  • Kovalsky
    Stingray部隊の指揮官。残存部隊を率いてPripyat市内のコインランドリー跡で救援を待っている。

新型ミュータント[編集]

  • Chimera
    双頭の四足獣型ミュータント。素早い動きで獲物を翻弄し、跳躍と共に攻撃を仕掛ける。凄まじい怪力を誇り、攻撃を受けた者は吹き飛ばされてしまう。Jupiter地区の森林を徘徊している。
  • Burer
    黒いコートを纏ったドワーフの如きミュータント。念動力で周囲のガラクタを投げつけたり、スタミナを消耗させて銃を奪ったり、銃弾を無力化するバリアを展開する等、多彩な能力を持つ。トンネルなどの暗い屋内に出現することが多い。

登場する地域[編集]

  • Zaton
    プレイヤーが最初に訪れるMAP。森林と広大な湿地帯で形成されており、所々に農家や軍施設、廃船などが点在している。拠点となる廃船Skadovskにはトレーダーや医者、修理屋が常駐し、LonerStalkerとBanditが共存している。比較的安全な地域ではあるが、アノーマリーによって発生した地割れの中にはSnorkが巣食っているほか、ある建物の地下にはBloodsuckerの巣が存在する。また、南西部の軍施設地下には新兵器の実験場が隠されている。
  • Jupiter
    放棄された鉄道や工場施設が点在するMAP。拠点となるYanov駅にはDutyとFreedomが共存し、双方の指揮官が常駐している。また、Scientist達の移動研究所では薬品が購入できる。沼沢地帯や森林、トンネル内にはミュータントやゾンビが多数徘徊しており、拠点付近にも頻繁に侵攻してくる。南部のJupiter plant(工業地帯)には機密書類が放置されているほか、ZONE中心部へと繋がるPripyat-1トンネルが存在している。
  • Pripyat-1トンネル
    Jupiter plantからPripyatへと繋がる地下トンネル。内部は無数のミュータントやゾンビ、Monolith兵に占拠されている上、化学兵器によって封鎖された区画も存在する。一度しか訪れる機会はない。
  • Pripyat
    実在する都市、プリピャチを元にしたMAP。作戦の失敗により孤立したArmyの生き残りがコインランドリー跡の廃墟を拠点として救援を待っており、彼らをゾーンから脱出させる事が最終目的となる。廃墟の中やアノーマリーの周辺には重武装したゾンビやMonolith兵が潜伏しているほか、路上にはBloodsuckerなどが徘徊している。Armyの撤退後にはStalkerたちがコインランドリーを占拠する。
  • X8研究所
    Pripyatの地下に存在する研究所。かつてゾーン誕生に纏わる研究が行われていた場所であり、大量の機密書類が今だ放置されている。入り口となる廃墟は多数のMonolith兵によって警護されているほか、研究所内には極めて危険なミュータントやアノーマリーが蠢いている。