RAS症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RAS症候群: RAS syndrome)とは、頭字語などの略語や熟語を使うときに、元の言葉の一部である単語を重ねて使ってしまうことを指す。症候群と付くが、何らかの病気を表す言葉ではない。

RASは「Redundant Acronym Syndrome」の略で、直訳すると冗長頭字語症候群となる。つまり、RAS症候群という言葉自体、syndrome の頭文字「S」と「症候群」が重複しており、この用法の一例となっている。「RAS症候群」という名称は2001年ニュー・サイエンティストという雑誌で使われ、一般に広まった[1][2]

日本語においては、外国語の文字と日本語の文字が混在することになるため、このような現象がさらに起こりやすい。特に、頭字語を多用するコンピュータ業界で数多く見られる。熟語の例では「馬から落馬」「頭痛が痛い」などの言葉のことである。

[編集]

太字が意味の重複した単語。

  • BB弾 - Ball Bullet
  • BMI指数 - Body Mass Index
  • FTPプロトコル - File Transfer Protocol
  • HAART療法 - Highly Active Anti-Retroviral Therapy
  • HDDドライブ - Hard Disk Drive
  • HIVウイルス - Human Immunodeficiency Virus
  • HTML言語 - Hyper-Text Markup Language
  • ISBN番号 - International Standard Book Number
  • ITテスト - Integration Test
  • JIS規格 - Japanese Industrial Standards
  • MMCカード - Multi Media Card
  • PDFフォーマット - Portable Document Format
  • RV車/SUV車 - Recreational Vehicle/Sport Utility Vehicle

RAS症候群の原因[編集]

RAS症候群のような表現を人が使ってしまう原因としては、以下のようなものが考えられる。

円滑な意思疎通
ある程度の冗語は、意思疎通を円滑にすると考えられる(あるいは、話し手がそう考える)。話し言葉での好例は、ABCをアルファ、ブラボー、チャーリーなどと発音する、無線などで使われる通話表である。いくつかのRAS症候群は、冗長性の原則の構文上の例であると見なせるかもしれない。これらは、略語が持つ意味を明確にする働きを持っているとも考えられる。
語源を知らない
特に日本語で顕著であるが、外国語から入ってきた略語は、その省略の元となった語句の意味を考えないで使われることがあるため。
系列的派生語の存在
「HTTP」の例で言えば、「HTTPサーバ」、「HTTPクライアント」、などの一連の用語により、「HTTP」が、プロトコルを指す略語ではなく、あたかも独立した一連の関連したものを指す語のような感じがあるため、その伝で派生させてしまうと、それらのプロトコルは「HTTPプロトコル」ということになってしまう。
同格の語の存在
「JIS規格」の例では、「ISO規格」、「IEC規格」などとの釣り合いの点から、「JIS」ではなく冗長な「JIS規格」という表現が選好されるのではないかと思われる。

脚注[編集]

  1. ^ Newman, Stanley (December 20, 2008). "Sushi by any other name", Windsor Star, p. G4.
  2. ^ “Feedback” (fee required). New Scientist. (2001年4月7日). p. 108. http://www.newscientist.com/article/mg17022858.000 2006年12月8日閲覧。 


関連項目[編集]