PINKちゃんねる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PINKちゃんねる
URL http://www.bbspink.com/
営利性 営利
タイプ 電子掲示板
登録 不要
使用言語 日本語
設立日 2001年1月
収益 広告、有料閲覧システム
現状 運営中

PINKちゃんねる(ピンクちゃんねる)はインターネット上の電子掲示板サイトの一つ。匿名掲示板2ちゃんねるの外郭掲示板を謳っており、管理人はフィリピン在住のジム・ワトキンス。主なシステムは2ちゃんねると同等である。

概要[編集]

2ちゃんねるとの違いは成人向けの掲示板であることであり、そのことは、18歳未満の利用を禁止する旨の記述があることや(しかし、21歳未満禁止だったときの表記が完全には更新されていないため、一部の表記が21未満禁止のままになっている)、削除基準において2ちゃんねる本体では禁止となっている性的表現が許容されていることがある[1]2006年7月頃まで基準が21歳であったのは、サーバアメリカにあり、管理人もアメリカ人であり、現地の法律では成年になる年齢が州によって「最高」で21歳なので[要出典]、21才未満禁止と解釈していたのが続いていた[2]

半角文字列・半角二次元などの画像を取り扱う板では、卑猥画像に紛れて死体の画像などの精神的ブラクラグロ画像)へのリンク悪戯目的で貼られている場合がある。

歴史[編集]

2ちゃんねるの発足当初はアダルト系の板も含まれていたが、程なくエロゲー板を除くアダルト系の板は全て閉鎖された。それに代わって2001年1月に設置されたのがPINKちゃんねるである。

2ちゃんねると違い、なんの収入を得る可能性もなかったPINKちゃんねるは、サーバ代金を2ちゃんねるにおんぶしていることが問題視され、2003年末〜2004年にかけて閉鎖危機をむかえる。このため、独立採算の方法模索の一環として、2004年秋に同名の本を1冊刊行した。これと連動するかたちで、2004年からは掲示板数を増やし、サーバ会社が持つ自社サイト以外の有料広告を入れている。これにより掲示板の維持が可能となった。

2006年に入り、風適法改定によるインターネットに対する規制の強化や、西村博之の意向により、PINKちゃんねるの独立性を高めることとなった。削除依頼用の掲示板もPINKちゃんねる独自のものが設けられた。出会い系に関係する板が閉鎖され、目下システムの変更や人材の配置を行っている最中である。

2ちゃんねる上では以前は「大人の時間」カテゴリに分類されており、2ちゃんねるの一部と誤解される理由の1つになっていた。現在では「PINKちゃんねる」カテゴリとされ、2ちゃんねるとは別の掲示板であることを強調している。

基本的にスクリプト荒らしに遭いやすいため、さまざまな対策を講じられていたが、2007年12月25日にPINKちゃんねるの仕様に対する協議の結果で解除されたあと、翌日の26日前後にスクリプトおよび騒ぎに便乗した利用者によるスレッドdat落ち被害が多発した。

2013年4月18日に2ちゃんねるから女向ゲー大人板がPINKちゃんねるに移動される、それを皮切りに同日にはにゃあ板、801サロンが設立され、同24日には大人のモバイル板が設立された

主な板[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現実には、2ちゃんねる本体でも削除人に見つかっていない性的表現が放置されていることがあり、未成年者もそれを閲覧する事ができる可能性がある。削除に関しては、運営側も依頼があれば削除はするものの、目くじらを立てて積極的に削除するということはしなくなった。まだ掲示板数が少なくアダルト系話題が格別に目立った初期の2ちゃんねるに比べて、特に目立たなくなったため、特別隔離する必要が薄まったからとも言える。このため、実際には隔離ではなく、単純にアダルト系話題専門掲示板としての意味合いが強い。
  2. ^ Let's talk with Jim-san18禁、PINKちゃんねる)内のJim(ジム・ワトキンス)の発言 877番(2006.7.26)などを参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]