PATCO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PATCOは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア市デラウエア川対岸のニュージャージー州カムデン郡とを結ぶ鉄道である。正式名称は、港湾局交通公社Port Authority Transit Corporation)であり、デラウエア川港湾局Delaware River Port Authority)(ペンシルベニア州・ニュージャージ州合同の政府機関)が路線の保有と運営を行っている。路線の全長は、23.3km。

他の交通機関との乗り換えも考慮されており、フィラデルフィア市側では、フィラデルフィア・セプタ(以下、セプタ)の地下鉄(Market-Frankford Line)およびバス路線、カムデン郡側では、ニュージャージ交通局(New Jersey Transit)の鉄道路線(Atlantic City Line, River Line)およびバス路線に接続している。

駅一覧[編集]

PATCO路線図
  • 15-16 & Locust
  • 12-13 & Locust
  • 9-10 & Locust
  • 8th & Market
  • City Hall
  • Broadway
  • Ferry Avenue
  • Collingswood
  • Westmont
  • Haddonfield
  • Woodcrest
  • Ashland
  • Lindenwold

歴史[編集]

PATCOの建設は、1932年に始まり、1936年6月7日に開業した。開業の10年前に開通したベンジャミン・フランクリン橋を通ることで、デラウエア川を跨ぐ形で、フィラデルフィア市とカムデン郡は鉄道で結ばれることとなった。開業当初は、the Bridge Lineと呼ばれ、4駅(8th Street~Franklin Square~City Hall~Broadway)のみであったが、直後にGirard(セプタのBroad-Ridge支線)まで列車が運行されることになった。

PATCOの開業と同時期に、フィラデルフィア市内でも、Locust Street Subway1931年に開業し(8th Street~18th Street)、1952年までにBroad-Ridge支線の延伸線として8th Street~49th Street間を開通させた。しかし、1968年にLocust Street Subwayは廃止され、15-16th & Locust~8th Street間をthe Bridge Lineに接続させることでPATCOに引き継がれることとなった。なお、15-16th & Locust~8th Street間は、現在もセプタが保有し、PATCOが路線を借受けている。

1969年2月15日には、Broadway~Lindenwold間を開通させ、現在の路線を完成させた。なお2005年の時点で、PATCOは、ニュージャージ州側の本線を分岐させる形で新たな支線(Camden County~Gloucester County)の建設を検討中である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]