OQO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

OQO社OQO, Inc., オーキューオーまたはオクオ)はハンドヘルドPCの製造を目的に、アップル社の元社員ジョリー・ベルらにより2000年に設立された会社。かつてはアメリカカリフォルニア州サンフランシスコに所在。スローガンは“Your Freedom in Hand”(手の中にある自由)。

概要[編集]

OQO社は小型コンピュータを製造販売している。はじめに発売されたmodel 01と、その改良モデルmodel 01+と、その後継モデルであるmodel 02というシリーズとなっている。これはPDAよりわずかに大きい程度のサイズで、タブレットPCとしての機能を有しており、キーボードを有した完全なものとしては世界最小のパソコンであると同社は主張している。

同社にとって初の製品となったOQO model 01は、発売以前からしばしば試作品が公開されていたが、2004年の秋に実際に発売されるまで数年の月日を要した。

2008年からはネットブックiPhoneなどのライバルの人気に押され、2009年3月にはCEOらが辞任[1]、営業を停止していたが、中国Audiotone社に買収され、2010年にmodel 03を発売した[2]

製品[編集]

日本ではModel 01+以降の機種について日本語MUIをインストールしたものをブルレー社が輸入販売していた。

OQO model 01[編集]

OQO社にとって最初の製品。2004年10月14日発売。

スライド式のフルキーボードを内蔵している。

仕様[編集]

OQO model 01+[編集]

OQO model 01のマイナーアップデート版。2005年9月27日発売。

仕様[編集]

OQO model 01からの変更点。

  • メモリ:標準/最大 512MB
  • ハードディスク:30GB
  • 入出力ポート:USB2.0
  • オーディオ:スピーカー内蔵
  • その他:480×800のポートレート表示モードを新たにサポートしたほか、外観について液晶の周囲の部分のデザインが見直された。

OQO model 02[編集]

model 01 よりもわずかに大きくなった筐体にユーザーの要望を詰め込みさらに洗練された後継機。2007年2月発売。
発売後の同年10月、HDDの容量アップ、ラインアップの拡充(Windows Vista搭載モデル、SSD搭載モデルなど)、さらに、価格改定による低価格化が行われた。

仕様[編集]

OQO model 03[編集]

営業再開後の2010年、中国向けに出荷開始。

仕様[編集]

映画やドラマへの採用[編集]

  • その大きさやスタイリッシュな外見から映画等に採用されている。

  例: model 01 海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』、映画『M:i:III

脚注[編集]

  1. ^ 2009
  2. ^ http://japanese.engadget.com/2010/08/02/pc-oqo-model-03/ - 元祖超小型PC OQO復活、Model 03を中国で販売(Engadget日本版 2010年8月3日)

外部リンク[編集]